マルチコアフレームワーク

複雑なマルチコアSoCとヘテロジニアスSoCの組込みシステム開発と
ディスクリートの個別コンポーネントの集約

Mentor Embedded Multicore Frameworkはランタイム環境とツールの包括的なパッケージであり、デバイス要件がネイティブ、トラステッド、スーパーバイズドのいずれのシステム構成の場合でも、ホモジニアス/ヘテロジニアスのプロセッサ上に複数OSとアプリケーションを構成、実装することができます。

特長

  • ホモジニアスまたはヘテロジニアスのプロセッサコア上に複数のOSを構成して実装
  • ディスクリートの個別コンポーネントを含むシステムへの集約
  • 複数OSのネイティブ、仮想化、トラステッドによる各構成をサポート
  • 簡素化されたブート
  • システム全体でのコミュニケーション
  • ヘテロジニアスシステムの挙動をシステムレベルで可視化
  • ソリューション全体をサポートする共通ツールチェーンにより、ヘテロジニアスシステムの開発からデバッグ、解析までを実現

詳細

プロセッサ間通信(IPC)の管理

rpmsgを新規に実装し、マスタOSとリモートOS間に通信チャネルを確立し、データがチャネル内を通信できるようにします。トランスポート層はVirtIOを介してリモートプロセッサのライフサイクルとIPCを管理します。

リモートプロセッサのライフサイクル管理

remoteproc機能によって、Mentor Embedded Linux、Mentor Embedded Nucleus RTOS、ベアメタルの各環境間でリモートプロセッサの相互運用を可能にします。remoteprocを使用すると、OSスタックやアプリケーションスタックの起動と停止が可能になり、リモートプロセッサのライフサイクルを管理することで、使用していないときのパワーステートを低くして消費電力を抑えることができます。

また、コア全体のブート順序を管理することで、起動時とシャットダウン時の全体的なパフォーマンスが良好に保たれ、OSとアプリケーションの優先順位が守られます。

個別ディスクリートシステムの集約

複雑な最新システムオンチップ(SoC)のアーキテクチャでは、これまでにないほど多くのアプリケーションクラスコアとマイクロコントローラクラスコアを組み合わせる傾向にあります。その結果、単一のデバイス上にヘテロジニアスの稼働環境を統合させることはますます難しくなり、基盤ハードウェアの利点を活かすことがより困難になっています。

マルチコアフレームワークを使うと、ディスクリートの各機能を単一のSoCに集約できるため、こうした最新SoCの複雑なアーキテクチャの利点を最大限に活かすことができます。結果として部品点数を減らし、BOMやフットプリントのコストを削減できます。

システム解析と可視化

開発者は、ヘテロジニアスの各コンポーネントがシステムの中でどのように関わり合っているかを可視化する必要があります。システムは共有ハードウェア上に統合されているため、リソースの競合やボトルネックが発生する可能性もそれだけ高くなります。

開発ツールを使うことで、競合やボトルネックを特定しやすくなり、問題の解決策を早く見つけられるようになります。Sourcery AnalyzerがビルトインされたSourcery CodeBenchはメンター・グラフィックスのマルチコアフレームワークに統合されており、各種OSや仮想ゲストランタイムをアプリケーションとともに1つの共通タイムライン上で可視化できます。

 

Copyright © 2016 Mentor Graphics Corporation. 本ウェブサイトに記載されたMentor Graphicsの製品およびプロセスに関する商標はMentor Graphics Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。A2BおよびAutomotive Audio Busは、Analog Devices, Inc.の登録商標です。MATLABは、The Mathworks, Inc.の登録商標です。Androidは、Google Inc.の商標です。この商標を使用する場合は、事前にGoogleから使用許諾を得る必要があります。QtはQt Company Oyのフィンランドおよびその他の国における登録商標です。Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。登録商標Linuxは、全世界における商標保持者Linus Torvalds氏から排他的ライセンスを受けているLMI (Linux Mark Institute) からの許諾により使用しています。その他本ウェブサイトに記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

製品情報リクエスト