メンター・グラフィックスのNucleus RTOS、
産業オートメーション用ネットワークEtherCATの
リアルタイム性能を向上

2016年10月21日

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、高性能な次世代産業オートメーションデバイスの開発に向け、Mentor® Embedded Nucleus®リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)がEtherCATマスタプロトコルをサポートしたことを発表しました。Nucleus RTOSにKPA EtherCATマスタスタックを完全統合したこのリファレンスソフトウェアソリューションは、デバイスの開発期間とコストの両方を合理化し、また産業オートメーションに必要とされる厳格なタイミング要件を満たすために、高精度のデバイス間同期を可能にする100マイクロ秒単位(毎秒10,000フレーム)のEtherCATサイクルタイムを非常に低いジッタレートで達成しています。KPA EtherCATマスタプロトコルを実装したNucleus RTOSは、産業オートメーションに加え、医療、エネルギー分野など、ハード/ソフトリアルタイム要件を課せられるデバイスに適しています。

産業オートメーションネットワークに必要とされる時刻同期性、高速性、効率性を満たすために、産業デバイスメーカーには新たな要件が求められており、EtherCATは高いスケーラビリティを持ったイーサネットプロトコルとして急激に採用が広がっています。KPA EtherCATマスタプロトコルを実装したNucleus RTOSは、通信性能に優れた完全統合ソリューションを産業デバイスメーカーにもたらします。この結果、高いスループットがもたらされ、製造コストの削減、歩留まりの改良、システム精度の向上につながります。このリファレンスソフトウェアは、ARM®ベースのプラットフォームをターゲットとする開発者に、軽量でスケーラビリティの高い構成可能なソリューションを提供します。

オーバーヘッドの少ないKPA EtherCATスタックは、組込みデバイス用に最適化されています。Nucleus RTOSのリアルタイム性能とEtherCAT通信プロトコルのデターミニスティック品質は、今日の産業オートメーションデバイスに必要な速度と同期性の要件を満たすものです。今回発表するEtherCATソリューションには、KPA EtherCAT Studio構成ツールに加え、Nucleus RTOSとSourcery™ CodeBench統合開発環境(IDE)に事前統合済みのサンプルアプリケーションも付属しています。

「産業システムの開発に携わるエンジニアは、要求の厳しい今日のアプリケーションに求められるリアルタイム要件を満たすため、レイテンシの低いサイクルタイムと高いフレームレートの限界に挑み続けています。産業デバイスは、最高水準の安全性だけでなく、最も厳格な性能要件をも満たす実証済みのRTOSを必要としており、KPA EtherCATを実装したNucleus RTOSこそがこれを体現しています。」RADIC Technologies, Inc.、President、Bahman Radjabi氏は、上記のように述べています。

「KPA EtherCATプロトコルスタックを統合したNucleus RTOSは、産業オートメーションに求められる最高水準の性能を達成すると同時に、開発期間の短縮にも寄与しています。産業デバイスの設計者は、開発のリスクを最小化し、製品イノベーションに全力を注ぐため、定評あるリーディングプロバイダが提供する完全統合型ソリューションを求めています。」メンター・グラフィックス、組込みシステム事業部、Platforms Business Unit、General Manager、Scot Morrisonは上記のように述べています。

メンター・グラフィックスの組込みシステム事業部について
メンター・グラフィックスの組込みシステム事業部は、自動車、産業機器、スマートエネルギー、医療機器、家電を含むさまざまな用途の組込み製品開発を支援しています。商用利用およびカスタマイズ可能なLinux®ベースのソリューションとして業界をリードするSourcery CodeBenchとMentor Embedded Linuxは、最新のプロセッサやマイクロコントローラを搭載した組込みシステムの開発を支援します。Nucleus RTOSの小さなフットプリントとローパワー設計は、リアルタイム制御システムの開発に大きなメリットをもたらします。詳しい情報はwww.mentorg.co.jp/embeddedをご覧ください。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、昨年度売上高としておよそ11.8億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

組込みソフトウェアについて

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com