CEVT、メンターのVolcano VSA COM Designerで
車載ネットワークの設計時間を50%削減

2018年02月14日

メンター,シーメンス・ビジネス(以下メンター)は、China Euro Vehicle Technology AB(本社: スウェーデン、以下CEVT)を支援し、同社の次世代高度車載ネットワーク設計を格段に高速化、簡素化することに成功したことを発表しました。メンターのVolcano® VSA COM Designerネットワーク設計ツールとSystemite ABのSystemWeaver情報管理ツールを組み合わせることにより、CEVTは時間のかかる手作業を完全自動プロセスに置き換え、エンドソリューションの設計/検証時間を50%削減しました。

統合されたメンターとSystemWeaverのツールチェーンは、AUTOSAR標準規格に基づき、データの一貫性と車両レベル要件までの完全なトレーサビリティを実現し、様々な車両機能や信号の設計複雑性を緩和します。

「自動運転機能や新たな高効率電気自動車への需要の高まりにより、自動車エンジニアは次世代車両に求められる複雑な車載ネットワーク設計特有の課題に直面しています。しかしCEVTは、メンターのVolcano VSA COM Designerのおかげでこの難題を克服することができました。エンジニアは煩雑な手作業に時間をとられることなく付加価値の高い作業に集中でき、市場におけるCEVTの差別化と競争優位の実現に貢献します。」CEVT、Business Project Manager、Jeremy Parker氏は、上記のように述べています。

Volcano VSx™設計ツールスイートの一部であるVolcano VSA COM Designerは、E/E(電気/電子)アーキテクチャ設計、アプリケーションソフトウェア開発、仮想検証、ソフトウェアテストなどを含むAUTOSARベース車載システム設計フローを強力に支援します。

Volcano VSA COM Designerは、センサからアクチュエータまでの出入力、ECU間のネットワーク信号、任意の複合信号とセンサ/アクチュエータのチェーンなどに対するタイミング要件を定義します。ここで明確に定義されたタイミング要件は、ECUに機能を割り当てた後に、ネットワーク設計プロセスのインプットとして取り込むことができます。Volcano VSA COM Designerを使用すると、信号チェーンやゲートウェイ化と同様に、異なるネットワークセグメントに費やされる時間やECU内部で費やされる時間とを調整できます。また、解析機能により、信号受信の遅延有無の検証、信号のタイミングマージンの計算、各ネットワークセグメントの空き容量の評価も可能です。

Mentor Automotiveについて
車載システムサプライヤとして長い実績のあるメンターは、ほぼすべての大手OEM、Tier 1サプライヤに、コネクティビティ、電動化、自動運転、アーキテクチャの分野を対象とした設計ツールと組込みソフトウェアを提供してきました。オートモーティブグレードのE/Eシステムプロバイダとしての輝かしい実績は、ほぼ30年を数えます。

Mentor Graphics Corporation, a Siemens business(以下メンター)は、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンターについての詳しい情報は、こちらからご覧いただけます: www.mentorg.co.jp

Mentor Graphicsは、Mentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

組込みソフトウェアについて

車載ネットワーク設計

 

報道機関からのお問い合わせ先:

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
コーポレートマーケティング部 広報
エリソン 有理
TEL: 03-5488-3035 / Email: yuri_ellison@mentor.com