Sourceryツールのサービス

Mentor Embeddedは、ツールチェーン全般にわたりすべてのコンポーネントと関連ソフトウェアをカスタマイズおよび強化できます。

  • GNU Compiler Collection(GCC)とGNUバイナリユーティリティ
  • GNUデバッガ
  • QEMUシミュレータ
  • GLIBC、uClibc、newlibランタイムライブラリ
  • Eclipse IDE(統合開発環境)
  • Linuxカーネル
  • LLVM C/C++コンパイラ(Clang)
  • LLDB(デバッガ)
  • LLVMライブラリ

 

Sourceryツールのサービスについての詳細は、こちらまでお問い合わせください。

半導体ベンダ向けCPUサポートおよび最適化

メンター・グラフィックスのGNUツールチェーン機能が拡張し、ARM、IA32、MIPS、PowerPC、SPARCなど主要なアーキテクチャファミリをサポートするようになりました。メンター・グラフィックスは、命令選択、レジスタ割当て、スケジューリングを含む最適化など、対象プロセッサを完全にサポートしたソフトウェアを構築する開発者を支援しています。

提供するもの:

  • ハードウェアファミリへの最新追加ハードを最適化するツールチェーンサポート
  • プロトタイプ用チップで利用できる新しいツールチェーンを迅速に提供
  • 新しいハードウェア上での迅速なソフトウェア検証を可能にする、完全テスト済みのインストール容易なバイナリ
  • GNUツールチェーンの今後のバージョンでもハードウェアのサポートを保証

テストプラン

GNU C/C++コンパイラ、GNUアセンブラ、その他のGNUツールチェーンコンポーネントには、そのリグレッションテストで使用した数千にもおよぶテストスイートが付随しています。メンター・グラフィックスはこのテストスイートをお客様のリグレッション環境に取り込むことを推奨しています。これらのツールスイートは、包括的な機能カバレッジを提供し、新しいハードウェアプラットフォームへの移植に伴う問題を特定するうえで非常に効果的であることが実証されています。Sourcery CodeBenchを新しいハードウェアにも拡張したことで、新しいテストにも対応できるようになりました。言語適合性テストスイート(Plum-Hall C/C++バリデーションスイートなど)や性能テストスイート(SPEC CPU2000など)も利用可能です。また、追加のバリデーションが必要な場合は、Apache Webサーバのような実アプリケーションを構築できます。

サポート

メンター・グラフィックスは、ツールチェーンの機能強化や追加チップのサポートなど、GNUツールチェーンを定期的にアップデート(およびFree Software Foundation(FSF)をリリース)しています。すべてのリリースで品質保証を実行し、リグレッションを改善しています。また、一定回数のサポートリクエストが可能な有料サポート契約や、ツールチェーンのユーザ数に比例して料金が変わる、エンドユーザを対象としたサポートも用意しています。詳細はお問い合わせください。

コミュニティサポート

メンター・グラフィックスのGNUツールチェーン開発には、公式FSF技術者として公式FSFソースツリー用にSourcery CodeBenchを変更した開発者も携わっています。これらの変更は、コミュニティ全体が利用可能であり、FSFソースの今後のリリースに含められます。このため、これからリリースされるSourcery Codebenchも、業界標準に準拠したものとなります。

メンター・グラフィックスは、ARM、IA32、Itanium、MIPS、PowerPC、SH、SPARCをはじめとする主要なターゲットプロセッサファミリの豊富な専門知識を有しており、MMUを持たない組込みシステムから大規模パラレルスーパーコンピュータまですべてに対応するGNUツールチェーンを提供しています。

だからこそOS開発者に提供可能なもの:

  • 対象OSをサポートするすべてのプロセッサに対応したツールチェーン
  • システム立上げを可能にする高い信頼性
  • OSの性能を最大化する強力な最適化機能
  • エンドユーザが無料で利用できる、簡単インストールのツールチェーンバイナリ
  • プラットフォームに関係なく同一ソースコードから構築されたツールチェーンであるため、開発中のOS向けに記述されたターゲット非依存のコードすべてに対して一貫したツール動作を実現
  • 将来リリースされるGNUツールチェーンのバージョンでも今開発しているOSをサポート

クロスプラットフォームのツールチェーン

メンター・グラフィックスは、MMU-less組込みシステムから大規模なパラレルスーパーコンピュータまですべてに対応するGNUツールチェーンを構築しました。

プラットフォームに関係なく同一ソースコードから構築されたツールチェーンであるため、開発中のOS向けに記述されたターゲット非依存のコードすべてに対して一貫したツール動作を実現

テストプラン

GNU C/C++コンパイラ、GNUアセンブラ、その他のGNUツールチェーンコンポーネントには、そのリグレッションテストで使用した数千にもおよぶテストスイートが付随しています。メンター・グラフィックスはこのテストスイートをお客様のリグレッション環境に取り込むことを推奨しています。これらのツールスイートは、包括的な機能カバレッジを提供し、新しいハードウェアプラットフォームへの移植に伴う問題を特定するうえで非常に効果的であることが実証されています。Sourcery CodeBenchを新しいハードウェアにも拡張したことで、新しいテストにも対応できるようになりました。言語適合性テストスイート(Plum-Hall C/C++バリデーションスイートなど)や性能テストスイート(SPEC CPU2000など)も利用可能です。また、追加のバリデーションが必要な場合は、Apache Webサーバのような実アプリケーションを構築できます。

サポート

OSメーカーには、定額で一定回数の問い合わせが可能なSourcery CodeBenchサポート契約をお勧めします。報告済みの優先度の高い問題を共有したり、社内開発時の支援を受けることができます。

GNU C/C++コンパイラ、GNUアセンブラ、その他のGNUツールチェーンコンポーネントには、そのリグレッションテストで使用した数千にもおよぶテストスイートが付随しています。メンター・グラフィックスはこのテストスイートをお客様のリグレッション環境に取り込むことを推奨しています。これらのツールスイートは、包括的な機能カバレッジを提供し、新しいハードウェアプラットフォームへの移植に伴う問題を特定するうえで非常に効果的であることが実証されています。Sourcery CodeBenchを新しいハードウェアにも拡張したことで、新しいテストにも対応できるようになりました。言語適合性テストスイート(Plum-Hall C/C++バリデーションスイートなど)や性能テストスイート(SPEC CPU2000など)も利用可能です。また、追加のバリデーションが必要な場合は、Apache Webサーバのような実アプリケーションを構築できます。

詳細はお問い合わせください。

CPU向けソフトウェアの多くがGNUツールチェーンで構築されているため、CPUメーカーは、GNUツールチェーンを開発キットに含めたり、ダウンロード可能な追加ツールとして提供しています。GCC/G++は、デファクトスタンダードのC/C++コンパイラであり、他の組込み環境でも広く使用されています。

Sourcery CodeBenchの特長

  • ほかのGNUツールチェーンの追随を許さないレベルの最適化と改善
  • IDE(統合開発環境)、アセンブラ、ランタイムライブラリを単一で使いやすいパッケージに統合
  • 徹底的にバリデーションされており、ターゲットプラットフォームに適した高品質のツールを提供
  • 使用するCPUまたはターゲットボード向けにカスタマイズされた最適化と拡張
  • メンター・グラフィックスの担当エンジニアへの直接問い合わせをはじめとするサポート

優れた機能

Sourcery CodeBenchには、最適化、マイクロアーキテクチャバリアントのサポートや、他のGNUツールチェーンでは提供できない機能が含まれています。また、関連パッチが含まれている(またはバックポートされている)ため、パッチを自分で探す時間を省くことができ、翻弄されることがありません。

統合が容易

Sourcery CodeBenchは、Eclipse IDE、GNU C/C++コンパイラ、GNUアセンブラ、GNUリンカ、ランタイムライブラリ、その他ツール(これらはすべて統合された形でバリデーション済み)を含む、完全に統合された開発プラットフォームを提供します。また、グラフィカルなインストールウィザードを使用すると、ユーザはわずか数分で作業を開始できます。

高品質

無料のテストスイートと専用テストスイートの両方で詳しくテストできます。これらのテストスイートで不具合を細かく解析して、製品が顧客の手に渡る前に欠陥を修正します。ターゲットボードでテストできるため、追加設定なしの快適なユーザエクスペリエンスを保証します。

ツールチェーンのカスタマイズ

メンター・グラフィックスの熟練した開発者が、ターゲットボードにフラッシュメモリ評価サポートを内蔵したり、リンカスクリプトのカスタマイズやCPU向けの最適化を行うなど、必要なカスタマイズを素早く実装します。その後、これらのカスタマイズを上流の公式レポジトリへ提供します。また、OSパートナーもツールチェーンのカスタマイズを使用できるようになります。

サポート

メンター・グラフィックスは、GNUツールチェーンを使用したいが、サポート無しの製品は使いたくないというエンドユーザを対象として、Sourcery CodeBenchのエンドユーザサポート契約を提供しています。エンドユーザを担当するサポートスタッフを配置する必要がなくなり、製品に関する問題に注力できます。

CPUメーカー向けSourcery CodeBenchオプションの詳細はお問い合わせください。

 

Copyright © 2016 Mentor Graphics Corporation. 本ウェブサイトに記載されたMentor Graphicsの製品およびプロセスに関する商標はMentor Graphics Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。A2BおよびAutomotive Audio Busは、Analog Devices, Inc.の登録商標です。MATLABは、The Mathworks, Inc.の登録商標です。Androidは、Google Inc.の商標です。この商標を使用する場合は、事前にGoogleから使用許諾を得る必要があります。QtはQt Company Oyのフィンランドおよびその他の国における登録商標です。Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。登録商標Linuxは、全世界における商標保持者Linus Torvalds氏から排他的ライセンスを受けているLMI (Linux Mark Institute) からの許諾により使用しています。その他本ウェブサイトに記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

製品情報リクエスト