ESLは、RTLより前の段階で、複雑なシステムのプロトタイピング、デバッグ、解析を行うことで、従来のRTLメソドロジに比べて、より速く、より効率的にそしてより優れた費用対効果で、今日の高度なデザインに求められる設計最適化を実現します。

ESLにより達成される予測性と生産性の高い設計プロセスを通じて、RTLでは対応できない規模と複雑性を持つ設計プロジェクトの初回成功を可能にします。

Vistaユースモデル

Vistaは、アーキテクチャ検討、検証、仮想プロトタイピングのための統合TLM2.0ソリューションです。Vistaを使うと、実現可能なアーキテクチャを見極め、設計サイクルの初期段階にハードウェア/ソフトウェアを検証できます。

設計ソリューション

Vista設計ソリューションはシステム・モデリングのなかでも最もクリティカルなESL設計に対するスケーラブルで標準化されたメソドロジです。

背景

ESL設計、検証、仮想プロトタイピング

トランザクションレベルプラットフォームを設計サイクルの初期段階に作成することで、ハードウェア構成が複雑なシステムであっても、高負荷やデータトラフィックに耐えられる機能を装備することができます。また、RTL実装前に、マルチコアプロセッサ上でソフトウェアを実行/テストし、アーキテクチャがシステムの消費電力、性能、機能に及ぼす影響を総合的に理解するなど、ハードウェアを用いたソフトウェアの検証が可能になります。

これまではハードウェアとソフトウェアの機能を別々に開発し、設計サイクル終盤に統合してテストするしかありませんでしたが、ESL設計、検証、仮想プロトタイピングにより、その必要はなくなりました。この結果、製品の開発期間は大幅に短縮され、より影響の少ないアーキテクチャ変更の可能性を探れるようになりました。

したがって、性能と低消費電力の非常に厳しい要件を満たせるようにマルチコアハードウェアのアーキテクチャと組込みソフトウェアを調整できます。

性能の最適化前と最適化後の比較 

性能の最適化前と最適化後の比較

アーキテクチャレベルで解決すべき重要な問題

  • アーキテクチャは、必要な機能を提供し、ユーザの期待に応えているか
  • システムは、性能と消費電力の目標を満たしているか
  • システム仕様は、効果的に実装されているか
  • ソフトウェアは、ターゲットアーキテクチャで正しく効率的に動くか
製品情報リクエスト