A2. 集約型センサ処理における設計のトレードオフ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社

自律運転の話がニュースのヘッドラインを飾るようになり、この分野への参入者は増え続けています。自律走行車(AV)には、その複雑さを起因とする多くの設計考慮事項があります。コスト、ネットワーク帯域幅、機能的な複雑さを最適化するために、配線とネットワークのトレードオフは、設計の早期段階で評価される必要があります。メンターのCapitalを使用すると、SAEレベル間での車両バリエーションを簡単に設計、管理できるようになります。本セッションでは、CapitalがどのようにAV設計の管理と最適化に貢献できるかについて解説いたします。