B3. 国際標準化とMBD。国際標準モデル記述言語によるECUモデルによる仮想車両制御

トヨタ自動車株式会社
電子先行開発部 主幹 / 電子制御基板技術部 主幹
辻 公壽氏

Industory4.0による徹底した国際標準化戦略を進めるドイツ。ドイツと連携合意をした日本。今まさに、日本のモノづくりは大きな国際標準化の流れの中に入ろうとしている。本講演では、国際標準化の動向、MBDを取り巻く状況、標準によるMBDについて触れ、メンターのXpedition AMS(旧称: SystemVision)のサポートする国際標準による物理モデリング言語、IEC61691-6(VHDL-AMS)のパフォーマンスを紹介する。