Catapult HLS Platform

確かな結果品質と検証コスト25-50%削減を実現。業界をリードする高位合成プラットフォーム

Catapult High-Level Synthesis (HLS) Platformは、業界標準のANSI C++とSystemCを使った機能的意図の記述と、より生産的な高い抽象度への移行を可能にします。

Catapult High-Level Synthesis

この高位の記述から、Catapultは最終製品品質のRTLを生成します。バグのないRTLを短時間で自動生成するCatapultであれば、検証済みRTLの生成にかかる時間を大幅に短縮します。Catapultプラットフォームは、高位合成機能とフォーマル手法によるCプロパティチェック機能を組み合わせることで、C/C++/SystemCレベルでバグを早期に検出し、合成前にソースコードを包括的に検証します。

また、高度な消費電力最適化により、ダイナミック消費電力を自動的に大幅削減します。高度に対話的なCatapultのワークフローを使って、設計者は合成プロセスを完全に可視化および制御することが可能なため、消費電力、性能、面積を考慮した最適な実装を迅速に実現できます。

 

主な機能と特長

  • SystemCおよびANSI C++をネイティブ合成
  • コード記述を80%削減して作業時間とデバッグ工数を低減
  • 100~1000倍高速のシミュレーションで検証時間を短縮
  • 消費電力、性能、面積、RTL検証に向けて最適化されたRTL
  • Cベースの検証を可能にするフォーマル手法によるCプロパティチェッキングを密に統合
 
STMicroelectronics

「予測どおりの機能の正確性と高い結果品質を提供してきたCatapultを信頼しているので、より大規模な設計にも安心してこのツールを用いることができ、その結果さらに生産性が向上しました。」

STMicroelectronics、Alexandre Cellier氏

「高位合成ツールのCatapultを評価してみて、CatapultのGUIはとても使いやすく、直観的に操作できるため、設計初心者でも設計時間を短縮できることが分かりました。またCatapultは、求める品質と生産性をどちらも満たし、ASICに組み込む複雑なIPを非常に短いターンアラウンドタイム(TAT)で開発できることも分かりました。」

オリンパス、SOC Technology Department of R&D Division、Deputy General Manager、Tetsuya Kawasaki氏

AMD

「マイクロプロセッサ設計チームは常に革新を続けており、全体的な性能向上と業界をリードするワットパフォーマンスを実現しています。フォーマル検証ツールSLECが提供する高速で包括的な検証機能のおかげで、開発プロセスが強化され、顧客の処理ニーズを継続的に満たすことができます。」

AMD、Nihar Mohapatra氏

STMicroelectronics

「Catapultのフローによって、RTLのデバッグは文字通りなくなりました。CモデルはCatapultの環境で検証され、そのままCorrect by Construction(構築することで正しい結果が得られる)手法によりRTLが生成されるため、
検証の工数が劇的に軽減します。」

STMicroelectronics、Giuseppe Bonanno氏

Renesas

「SLECは高位設計フローにおける重要なツールです。」

ルネサス エレクトロニクス、多田修氏

Catapult HLS Platform

Catapult C/C++/SystemC

C/C++/SystemCの高位合成(HLS)

設計者は業界標準のANSI C++またはSystemCを使って、ESLレベルで機能的意図を記述できます。Catapultは、この高位の記述から最終製品品質のRTLを自動生成し、ハードウェア設計フローにおける設計と検証の時間を大幅に短縮します。

Catapult High-Level Syntesis Verification

HLS検証

Catapult HLS Platformによる高位合成検証は3つの機能に分類できます。

  • HLSのターゲットであるユーザのC++/SystemCコードを自動/フォーマルチェックし、合成前にエラーを検出
  • シミュレーションベースの検証により、カバレッジやアサーションなどのメトリクスを含め、生成されたRTLとユーザのC++/SystemCソースの機能を比較
  • ユーザのC++/SystemCコードと合成で生成されたRTLとの等価性をフォーマル検証
Catapult Low-Power High-Level Synthesis

ローパワーHLS

業界ではじめて、最適化の目標にローパワーも追加しました。メンター・グラフィックスが既に持っている最高クラスのパワー解析/最適化テクノロジを基盤として、Catapult Low-Power(LP)は消費電力、性能、面積を考慮したクローズドループの最適化を実現し、パワーアウェア設計の課題に対処します。

 

事例内で掲載した社名、部署名、役職名、氏名などは、事例発表当時のものです。

製品情報リクエスト