Catapult HLS Platform

確かな結果品質と検証コスト25-50%削減を実現。業界をリードする高位合成プラットフォーム

ローパワーの高位合成

Catapult Low-Power(LP)は最適化の目標としてローパワーを掲げる業界初の高位合成(HLS)ツールです。PowerProの最高クラスのパワー解析/最適化テクノロジをHLSエンジンの中核に組み込み、これを基盤にしています。

アーキテクチャ定義からRTL実装に至るまで、消費電力、性能、面積を考慮したクローズドループの最適化フローを提供します。

設計者はCatapult LPを使って、さまざまなハードウェアアーキテクチャを検討し、それぞれの消費電力、性能、面積を測定します。Catapultの対話的な解析ツールが、設計の詳細化(リファインメント)を支援します。Catapult LPは合成プロセス実行中に、RTLにおけるスイッチング動作を最小限に抑えるためのきめ細かなローパワー最適化を自動で実行し、最大限の省電力化を図ります。

主な機能

  • 消費電力を考慮したC/C++/SystemCによる高位合成
  • 複数のアーキテクチャ間で消費電力を測定し比較
  • きめ細かな最適化によりローパワーRTLを自動合成
  • PowerProのディープシーケンシャルアナリシス技術を活用
  • レジスタ、クロックツリー、ロジックパワーの消費電力をきめ細かく削減するシーケンシャルクロックゲーティング
  • アーキテクチャ検討と最適化のためのループおよびメモリ最適化
製品情報リクエスト