PowerPro RTL Low-Power Platform

解析、最適化、フォーマル検証済みRTL自動生成の機能を統合した唯一のRTLローパワーソリューションです。消費電力を高精度に測定し、迅速に最適化します。

バッテリ寿命改善、電力コスト削減、規制遵守のいずれにおいても、ローパワーはクリティカルな設計要件であると同時に差別化要因ともなります。

Catapult High-Level Synthesis

PowerPro RTL Low-Power Platformは、消費電力を正確に測定し、対話形式で比較検討することで、RTL設計段階でパワーを最適化するソリューションです。

PowerProを使用すると、物理実装という時間のかかる手順を踏むことなく、RTL設計上で直接、消費電力を評価できます。フィジカルアウェアなフローによって、精度の高い消費電力予測が可能です。

消費電力検討フローでは、「消費電力の無駄がどこにあり」、「どのように削減すべきか」が開発プロセスを通してガイド形式で示されます。また、設計者はwhat-if解析を行い、設計変更が消費電力に及ぼす影響を対話型アプローチで比較検討することもできます。

RTLが完成に近づいたら最適化フローへと進み、パワー最適化後のRTLを改めて自動生成します。生成されたRTL設計はPowerPro SLECによるフォーマル検証を経たものであるため、検証時間を数時間単位、場合によっては数日単位で短縮できます。特許技術のディープシーケンシャルアナリシスを基盤とするPowerProは、RTL設計を徹底的に解析し、チップ上で重複する部分を削除する高度な論理条件を抽出します。

PowerProを使用すると、SoCの消費電力を最小化できます。

 

 

「PCグラフィックス、ビジュアルコンピューティング、アプリケーションプロセッサの高性能ローパワー設計手法において、RTLパワー最適化は欠くことのできない重要なステップです。」

NVIDIA、Hardware Engineering、Director、Dan Smith氏

半導体理工学研究センター(STARC)によるメンバー企業向けPowerPro CG認証の評価基準、プロセス、結果を紹介します。表示

PowerPro RTL Low-Power Platform

PowerPro Power Estimation

消費電力予測

PowerProは、業界で最も正確なRTL消費電力予測ソリューションを提供します。FinFET設計向けに開発、最適化されたPowerPro独自の新技術により、他のソリューションと比較して格段に高い精度を発揮します。

PowerPro Guided Power Reduction

ガイドに従って行う消費電力削減

PowerProの消費電力削減機能は、RTL消費電力予測フローに完全統合されています。PowerProは、RTL設計サイクルを通して対話型アプローチで設計者をガイドし、超ローパワー実装を支援します。

PowerPro Automatic Power Reduction

消費電力の自動削減

PowerProで生成したローパワーRTL設計およびそのパワー最適化は、SLEC Proフォーマル検証エンジンによって包括的に検証されます。

 

事例内で掲載した社名、部署名、役職名、氏名などは、事例発表当時のものです。

製品情報リクエスト