2012 Autumn / Vol.3

上流設計&組込み

モデル駆動型開発の導入

どのような業界であっても、製品世代が新しくなるたびに、より高い性能、より多くの機能が求められます。過剰なコストをかけずにある程度の期間内でこうした要求に応えるには、より効果的な製品開発方法が必要となります。特に組込みシステム機器開発の世界では、この傾向が顕著です。

上流設計&組込み

仮想化技術を用いたSoCの総合的な検証

今日の多くのデザインには、組込みプロセッサが1つ、ないしは2つ以上含まれています。これらのデザインにおける機能検証の幅の広がりを、従来の検証ツールで扱うのは至難の業となってきました。マルチコアSoCを総合的に検証するということは、ハードウェア上で実行するソフトウェアが欠かせないことを意味します。エミュレーションでは、スピード的にもキャパシティ的にもこれが可能で、しかも高価なプロトタイプやシリコン作成の前に実行できます。

提案するミックスシグナル物理設計フローの場合、最初の設計段階でデジタルとアナログ双方を考慮した流れとなるため、正確なフロアプランニングと面積の見積もりが可能

IC設計&製造

ミックスシグナルSoCの物理設計の課題に取り組む

1個のチップ上に複数モードの機能を混在させたいという要求の高まりを受けて、ミックスシグナルのシミュレーション・フローが採用されてきました。2つの設計領域を1つの環境で管理するアプローチは、シミュレーション・フローに限らず、物理設計に導入してもメリットが得られます。ロジックドリブン・レイアウトの手法はアナログ設計にも広く受け入れられるようになっており、ポリゴンの手入力はコールバック機能を用いたパラメタライズド・セルとコールバック機能に道を譲りつつあります。今こそ、IC設計のより良い検討と面積の有効利用に向けて、混在言語の設計フローを管理するツールを物理設計環境にも導入する絶好の機会といえるでしょう。

ものづくり

HyperLynxによるSerDesチャネルプロセスの検証

近年のLSIの微細化と市場要求に伴い、PCB基板上でのデータ転送は確実に高速化の方向に進んでいます。テクノロジの進化につれて、より身近な製品で高速インタフェースが使われ始めたのも特徴と言えるでしょう。

レーシングカー設計に普及するECADツール: MCADプロセスを補完し、勝てる車を実現

オートモーティブ

レーシングカー設計のトレンド: 電気設計ツール

レーシングカー設計は、レースそのものと同様に、目まぐるしい変化と大きなプレッシャーにさらされています。設計者の誤った判断は、レーサーの操縦判断ミスに匹敵する惨事につながる恐れもあるからです。レーシングカーでは、シャーシやブレーキその他の諸要素が、緊密に統合されたユニットを形成している必要があります。この要件を満たすため、F1(フォーミュラ1)をはじめとするレーシングチームでは、ボディワークやシャーシ形状など、あらゆる機械系統の開発においてCADツールに頼るようになっています。

Info Topics

メンター・グラフィックスのウェブサイト散策: ソリューションページをご存知ですか?

メンター・グラフィックスは、EDAテクノロジ・リーダーとして、高性能な電子機器を短期間でよりコスト効率よく開発するためのソフトウェアおよびハードウェアのソリューションを提供しています。IC設計、製造ツール、ESLや機能検証などの上流設計ツールだけにとどまらず、組込みソフトウェアや統合開発環境、プリント基板の設計、製造、実装支援ツール、さらには熱流体解析ツールや電装システム設計ツールまで幅広い製品を守備範囲としています。