2013 Spring / Vol.5

上流設計&組込み

コードカバレッジ工数の落とし穴 - いかに自動化を導入するか

シミュレーションにおけるコードカバレッジは、ASICやSoC、ASSPなどの開発において数多くのプロジェクトチームが導入しています。例えば、「ラインカバレッジやブランチカバレッジについては100%、エクスプレッション・カバレッジについても100%、ただし未達の場合には何故未達なのかの説明記述をプロジェクトで使用するレポート内に残さなくてはいけない」など、シミュレーションの運用に関する規約を定めているプロジェクトチームや企業もあります。

IC設計&製造

最先端の設計品質を維持するためのLVSデバッグ機能

課題: LVS(Layout Versus Schematic: レイアウト対回路図比較)デバッグは、面倒で時間のかかる作業です。「LVSクリーン」な設計へと収束させるには、デバッグのためにクロスプロービング(回路図とレイアウトの不整合確認)を繰り返さなければなりません。

ものづくり

株式会社安川電機による大容量パワーモジュール熱信頼性設計へのT3Sterの適用

株式会社安川電機は、サーボモータ/制御装置、汎用インバータなどのモーションコントロール機器、産業用ロボット/半導体製造装置用クリーンロボットなどのメカトロ機器、高圧マトリクスコンバータや鉄鋼/水処理プラントなどのシステム電機品/省エネドライブなどの産電機器を製造しています。

ものづくり

富士通セミコンダクター、USB3.0 Simulation KitをHyperLynx上に構築し、設計効率を劇的に改善

近年、スマートフォンやタブレット製品などのモバイル機器の普及により、デジタルコンテンツが日常の生活に今まで以上に必要不可欠な要素となっています。これらの機器間や機器内部では膨大な情報のやり取りが行われており、それを支えているのがUSBやPCI Expressといったインタフェース規格です。

オートモーティブ

車両走行システムのプロトタイピング

自動車などをはじめとする車両走行システムの開発環境において、メカニカルブロック、電気回路ブロック、制御ブロック、ソフトウェアブロックなどのシステムモデルを連成させて解析する「仮想プロトタイピング設計」に対するニーズが高まっています。仮想化により車両走行システムの性能を設計早期の段階から解析することで、最終的なシステム応答が予想しやすくなります。

Info Topics

皆さまの近くにMentor Forum

メンター・グラフィックスの社名は、紀元前8世紀の詩人ホメロスが遺した抒情詩「オデュッセイア」に登場したギリシャ神話上の人物メンターに由来しています。メンターは、イタケ王オデュッセウスのトロイにおける勝利を支えた名参謀でもあり、王の息子テレマコスを励まし勇気づけるとともにその歩む道を導いた賢者としても有名です。この神話から善き助言者や支援者のことを「メンター」と呼ぶようになったという逸話をご存知の方も少なくはないのではないでしょうか。