Valor IoT Manufacturing SDK

Valor IoT Manufacturingプラットフォームに統合されるアプリケーションを短期間で開発、展開

Valor IoT Manufacturing SDKは、Valor IoT Manufacturingプラットフォームで動作するアプリケーションとエンタープライズアプリケーションの標準的な統合テクノロジを容易に開発、展開するためのソリューションです。

Java/.Net環境で使用可能です。Valor IoT Manufacturing SDKには、各種マニュアル、サンプルデータ、テストツール、支援ツールが含まれています。

Valor Industrial IoT Manufacturing Solution  
Valor IoT Manufacturing SDKは、Java/.Net環境で使用可能です。

アプリケーション

ダッシュボード

製造実行率、予実比較、工程ダウンタイム(原因別、役割別)などの情報を収集して表示します。

サプライチェーン情報

工程ごとに部材の消費量を測定して報告し、部材のステータス(装置に到着、倉庫に戻るなど)を追跡します。破損量の追跡と部材コストの計算も可能です。

製品の追跡

工程を出入りするすべてのプリント基板(PCB)情報を追跡します。

  • WIP(仕掛在庫)および関連する問題
    • ボトルネック工程の解析
    • 最短サイクルタイムの特定
    • 物流/待ち時間の解析
    • バッファ制御と直行率
  • リペアループの使用と制御

トレーサビリティ

完全な実装記録を収集します。

  • 自動実装工程(SMT)および手動実装工程で使用されたすべての部材
  • 非物理的なIPアドレスやソフトウェア
  • 修理で交換された部品
  • 完全な工程履歴(環境/ツール使用情報を含む、工程段取りパラメータ/作業/結果情報)

コンフォーマンスとコンプライアンス

作業のコンプライアンス遵守状況を担当者別に記録できます。ポカヨケ制御機能に加え、業界が定める管理規約や製品の特性に応じた管理ルールを実質的に内蔵できます。

OML - Open Manufacturing Langauge

詳細

OMLは、プリント基板(PCB)実装に特化した「IoM(製造のインターネット)」ソリューションのためのベンダ非依存の単一共通通信インタフェースを提供する、オープンな標準言語です。 OMLコミュニティに参加[英語]

製品情報リクエスト