Valor MSS Foundation

Valor MSS Foundation は、PCB工場の段取り、ERPとの完全統合、オプションのEnforced Routing(工程飛ばしチェック)を一元管理し、テストに合格した製品のみを出荷します。

実装データを管理、活用するための一元化インフラストラクチャを提供し、電子機器実装現場における作業課題の多くを解決するのに役立つValor MSS Foundationは、情報の集中管理により、データの冗長性と構成エラーを除去し、相互運用性のバックボーンを確立します。

 

Screenshot

 

マスタデータ管理とスケジュール設定

 

「最高の品質と性能を最小単価で実現する『真実を見極めるための』ツールを私たちは求めていました。Valor MSSスイートはこのニーズを満たし、実装工程全体を通じて、単一の統合されたエンド・ツー・エンドのソリューションを提供してくれます。」

RH Technologies、CIO and CTO、Michael Yaacov氏

 

Valor MSS Foundationは、工場で実装されたすべてのユニットの詳細記録を保持し、競争力強化に寄与します。

既存のERPシステムと統合し、より精度の高い在庫管理を実現することによって、納期遵守率を高めます。

Valor MSS Foundationは、Valor MSSの中央データベースと統合しています。Valor MSSスイートのすべてのモジュールと円滑に連携しており、必要なValor MSSツールを安心して選ぶことができます。

ハイライト

  • 実装データを管理するための堅牢でスケーラブルなインフラストラクチャバックボーン
  • 現行の実装ソリューションと簡単かつ柔軟に統合
  • 作業指示書をスケジュール化してデータをMSS実装フロアアプリケーションと共有
  • 多数の実装フロアがアクセスする場合でも、データベースの膨張を最小限に抑える
  • 工場と実装装置の定義を管理し、工場、フロア、ライン、装置のレイヤを3D環境で生成
  • 実際の装置と同一の3D装置モデルを多数収録した詳細なライブラリを使用して、工場のレイアウトを作成
  • マルチレベルBOMで製品の階層構造をインポート、作成、編集
  • 製品データと部材属性を一元管理
  • 新たに入荷した部材をベンダ追跡データと共に登録し、Enforced Routing(工程飛ばしチェック)オプションで各製品の工程経路を作成およびメンテナンス

Enforced Routing (工程飛ばしチェック)オプション

  • 工程飛ばしを監視できるペーパーレス環境
  • テストに合格した製品のみを出荷するために、仕損品に対して条件付きの修理および再テストの工程経路を指定