PCB実装のためのValor MSS Asset Utilization

Valor MSS Asset Utilization は、PCB実装ライン上で発生している事象の状況を、リモートかつリアルタイムで視覚化します。PCB実装ラインで発生している問題の領域を特定して解決する支援を行い、設備稼働率を高めて生産効率を改善します。

作業の状況、サイクルタイム、段取り替え時間、実装エラーなど、実装装置で発生している事象やボトルネックをリアルタイムで見える化します。情報が視覚的に示されるため、問題が発生している領域を簡単に特定および改善でき、設備稼働率が向上します。

 

Screenshot

 

実装フロアの設備稼働率を最大化

「Valor MSSは、装置の段取り替え時間を短縮し、フィーダ単位およびユーザ単位で情報を可視化します。装置レベルや各ユーザの作業レベルで確認して、問題の原因を特定できるようになりました。」

RH Technologies、Production Unit Manager、Yossef Gutman氏

 

Valor MSS Asset Utilizationは、実装装置と実装ラインの出力を最大化して設備への投資利益率を向上させます。最適性能を発揮していない実装装置を特定して在庫回転率を最適化します。また、装置の不具合を迅速に特定して解決する支援を行い、実装プロセスを改善します。

  • フィーダの性能とエラーをリアルタイムで解析するパレート解析(80-20ルール)
  • 実装装置の状態やサイクルタイムのリアルタイム表示により、即時対応が可能
  • 予防的メンテナンスが必要な装置を特定し、最適にスケジューリング
  • 単一のソリューション内で、実証済みの堅牢なネットワークが数百にのぼる装置モデルをサポート
  • 部材検証モジュール(Valor MSS Material Verification)およびトレーサビリティモジュール(Valor MSS Material Traceability)と緊密に統合し、高品質な生産と正確なトレーサビリティを実現

オプションのサブモジュール

Document Viewer(指示書ビューア)

このサブモジュールは、 Valor MSS Process Preparation のDocumentation(指示書)サブモジュールで作成された実装指示書および検査指示書をペーパーレスで表示します。

 

Work In Progress (WIP) Point(仕掛在庫ポイント)

このサブモジュールは、作業プロセスを通過したユニットの履歴を記録し保存します。保存された情報は、後工程の解析やレポート生成で使用されます。

 

Performance Monitoring Advanced Interface(性能モニタリングのための高度なインタフェース)

このサブモジュールは、SMT装置のサイクルタイム、稼働状況、停止状態など、工場内の複数のオペレーションの性能データをリアルタイムで収集します。