PCB実装のためのValor MSS Material Management

Valor MSS Material Management は、ジャスト・イン・タイム方式のリーン生産部材フローを採用し、在庫数の削減と実装の合理化を実現するモジュールです。作業指示書や段取り替えの進捗、各装置からリアルタイムで送信されるプル信号に基づいて、キット化された部材が実装ラインに供給されます。

工場内での部材の動きや消費/廃棄を自動追跡して、部材の入荷から最終実装までの部材サイクルを最短化します。重要なトランザクションをERP にレポートし、在庫の精度と管理を改善することも可能です。

 

Screenshot

 

在庫レベルおよび部材フローを最適化

Valor MSS Material Managementは、正しい部材を正しい場所に正しいタイミングで配置します。フロアにある実装装置と緊密かつリアルタイムに統合することによって、ジャスト・イン・タイムの物流を可能にするデマンド信号を生成し、最適な部材フローを実現します。

ハイライト

  • 大量の部材キットやラインの在庫数を減らし、仕掛在庫(WIP)を削減
  • ラインからの在庫の回収をなくし、注文内容の変更に素早く対応
  • 「ガイド」に沿った段取り替えによって段取り替え時間を短縮し、ラインの効果を改善
  • バランスのとれた部材供給でボトルネックを回避
  • 「単一製品対応の台車」と「グループ化した台車」の両方に完全対応するなど、ファミリセットアップで多品種少量生産の生産性を向上
  • 「次にどの部材がどこで必要か」を知らせる自動ガイダンスによってライン操業を効率化し、オペレータは部材管理に集中
  • 在庫レベルが下がって不要になった古い部材のコストを削減
  • 仕掛かりなどの在庫を減らし、実装フロアのスペースを有効活用
  • 精度を高めるためすべてのリールを自動カウントし、部材の動きや消費、廃棄のデータをERP/MRPシステムへ供給することによって、ERPを効率化

Material Management