PCB実装のためのValor MSS Material Traceability

Valor MSS Material Traceability は、PCB実装工場内の部材の履歴を追跡することによって、適切にリスクをコントロールするとともに、顧客からのトレーサビリティ要件を満たすモジュールです。

トレーサビリティレコードは、自動/手動を問わずすべての実装作業セルのデータを含んでいます。また、その時点で作業していたオペレータの情報や装置で実行されていたプログラムの情報などを取り込むことができます。

 

Valor MSS Material Traceability

 

PCB実装のためのValor MSS Material Traceability

部品レベルのトレーサビリティにより、トレーサビリティ要件に完全準拠し、リスクを限定

「Valorのツールが、部材を自動的に追跡します。あらゆるパネルの追跡データが100%収集されます。」

Meta System、Engineering Manager、Luca Grifagni氏

 
  • さまざまなタイプと実装装置に対応する単一のソリューションで、トレーサビリティを簡略化
  • 製品リコールの影響を最小限にとどめて、製造者のブランドを保護
  • リコール対象製品のシリアル番号と最低数量を素早く特定し、リコールにかかるコストを最小化
  • サプライヤから供給された部材の品質問題を可視化し、サプライヤ品質を改善
  • 法規制の遵守とコンプライアンスを実現
  • 包括的なトレーサビリティレポートを提供し、顧客からのトレーサビリティ要件を満たす
  • データの効率的な保存と管理によって、瞬時にクエリ結果を生成
  • すべての部品をもれなく製品トレーサビリティに含める
  • Valor MSS Business Intelligenceと併用すると、1回のクリックでより多くの必要情報を取得可能