PCB実装のためのValor MSS Material Verification

Valor MSS Material Verification は、すべての部材が正しく段取りされるまで実装装置が動かないようにするためのモジュールです。また、LEDライトクラスビニング、バリアントセットアップのオンザフライ検証といった拡張機能を備えています。

 

Screenshot

 

PCB実装フロアにおける部材の使用を正しく制御

「Valor MSSは、データ収集、段取り検証、部材検証を自動化することによって、人的エラーを減らします。」

RH Technologies、Production Unit Manager、Yossef Gutman氏

 

セットアップや段取り替え、スプライス、フィーダの位置合わせ、MSD やRoHS(鉛フリー管理)といった制約条件、フィーダの管理を正しく実行して、実装エラーを排除します。

ハイライト

  • 作業の手戻りと部材の廃棄を減らし、コストを削減
  • 段取り時間の短縮と段取りエラーの排除によって、設備稼働率を最大化
  • 実装装置の型式やメーカーを問わず使用できる単一のプラットフォームを提供
  • フィーダを予防的にメンテナンスし、使用期限切れや性能劣化したフィーダの使用をブロックし、実装ライン性能を改善
  • プログラムを変更することなく、LEDのクラス管理や、LEDとレジスタの複雑な交換を実現
  • オプションのモバイル端末を使用し、フィーダ検証データ、リアルタイムのステータスや性能データを伝達
  • 代替え部品の高度なチェックを通過していない代用品など未承認の部材や、使用期限の切れた部材の使用を阻止
  • フィーダ台車、グループ化された台車、モバイルフィーダユニット(MFU)をオフラインで検証
  • SMT装置のスプライス検証に対応
  • 拡張検証機能を使用し、インテリジェントフィーダを使用することなくインテリジェント機能を実現
  • 不正な部品や使用期限が切れた部品、使用を禁止された部品が使われた場合に、装置を自動停止