PCB実装のためのValor MSS Quality Management

Valor MSS Quality Management は、完全な実装記録と製造指示書を作成および管理し、過酷なプロセス・トレーサビリティ要件を満たすペーパーレスのソリューションです。スキル管理、ペーパーレス文書配布、データ収集、管理された製品修理などの主要機能を備え、「不良品ゼロ」目標の達成を支援します。

 

Screenshot

 

継続的な品質向上のための自動化されたデータ収集、管理、解析

「Valor MSS Quality Management によって、市場に投入される製品の品質を高め、全体的な品質レベルと個々の品質問題を完全に可視化できました。」

RH Technologies、Quality Manager、Itamar Caspi氏

 

Valor MSS Quality Management は、PCB 実装フロー全体を通して装置の履歴を管理し、継続的な品質改善を実現するペーパーレスの品質管理システムです。自動データ収集から完全な不良診断解析、有効なリペアまで、それぞれの品質保証機能に対して個別のオペレーション・モードが設定されています。

  • 「ガイド」に従って進める不良診断とクローズドループ・リペア
  • 不良の原因となっている作業セルを知らせる「不良原因アラート」
  • 目視検査、手動による不良ログ記録、双方向の作業指示
  • テスト装置や検査装置からの自動データ収集と、オペレータとの対話を通じた視覚的な指示

ハイライト

  • 軌道修正を追跡および測定し、製品の歩留まりを改善
  • 工程飛ばしの監視と装置の履歴にかかるコストを削減
  • 要件遵守を保証
  • 製品品質を向上
  • 修復にかかる時間を短縮
  • テスト関連コストを節約
  • 廃棄率を削減