Valor Parts Library(VPL)

Valor Parts Library(VPL)は、PCB製造/実装/テストで使用する電子部品やコネクタの正確な物理モデルをCAD/CAMに適した一貫性のあるフォーマットで提供します。

 

Screenshot

 

BOM(部品表)の各部品の正確な物理モデルを提供

VPLは、3,500万を超える市販電子機器部品の部品番号とその寸法入りパッケージ・モデルを収録しています。パッケージ名は、定評あるJEDEC JES-D 30B規格に基づいています。各パッケージ・モデルには以下の属性が含まれます。

  • 正確な輪郭図
  • ピンの接触域と位置
  • 寸法許容差
  • 高さなどの全体寸法
  • ピン1のID

VPLデータを使用すると、部品の間隔やピンとパッド間の接触域に関して「実物仕様」の精度でDFM解析を行うことができます。また、製品BOM(部品表)の部品の「高さ」属性を使用して、ツールの寸法精度を確認し、実装済みのPCBを設計意図どおりにシャーシに収めることも可能です。

ハイライト

  • すべてのValorアプリケーションとシームレスに統合
  • BOMの各部品の正確な物理モデルを提供
  • 部品データの調査というコストと手間のかかる作業を解消
  • 単一サイトから大規模なグローバル企業まで、あらゆる規模の業務に対応する高度なスケーラビリティ
  • 「実物仕様」の精度により、現実的な文書化と正確なDFA解析を実現
  • VPL Library Manager(VLM)アプリケーションから、VPLデータベースの検索、表示、描画、編集、リンクなどの管理機能にアクセス可能
  • 部品番号ごとにカスタム属性を作成し、鉛フリーなど規制への対応や、検査に必要な性能特性を実現
  • 高度な自動化とVPLオープン・インタフェースによって、VPLパッケージ情報を利用可能
  • VPLパッケージと部品番号の迅速な設定をサポートするValorコンテンツ作成サービス

お問い合わせ