製造資産を活用して廃棄を削減し、機会を増やす

メンター・グラフィックスの資産活用ソリューション、Valor MSS Asset Utilizationは、製造データを活用し、使用する部材を減らしつつ実装ラインの出力を上げることによって、今ある資産で生産できる量を増やします。

  • 段取り中の装置のダウンタイムを80%削減
  • 装置の性能問題を特定
  • ボトルネックを解消
  • 装置性能とライン性能をリアルタイムで正確に監視
  • SMTラインの廃棄部品を3%削減

「Valor MSSのおかげで、リアルタイムでデータを収集、解析し、製造を制御できるようになりました。」

RH Technologies、Directory of Quality and Technology、Ehud Gitai氏

製造データから有意義な情報をリアルタイムで引き出すことができますか?

電子機器メーカーがグローバル競争で勝つためには、あらゆる手を尽くして戦わなければなりません。製造時間と部材の無駄をなくして製造コストを削減し、効率的でスリムな製造を実現する必要があります。Valor MSS Asset Utilizationは、製造データから機会を創出し、無駄をなくします。

 Valor MSS Process Preparationは、製造計画、製造指示書の割り当て、モニタリングと統合できます。

Valor MSSスイートのValor MSS Asset Utilizationモジュールは、製造時間と部材の無駄をなくします。

メンター・グラフィックスの資産活用ソリューション、Valor MSS Asset Utilizationを使用すると、SMT実装で必要な競争力が得られます。また、設備性能を追跡し、最大化することによって、新規資本設備のROIを短期間で回収できます。Valor MSS Aasset Utilizationは、単一工場内のローカル設備にも、複数の工場に配置されているリモート設備にも適応できます。

事例内で掲載した社名、部署名、役職名、氏名などは、事例発表当時のものです。

リソース

詳細

Valor MSS Asset Utilization

Valor MSS Asset Utilizationは、PCB実装ラインで発生している問題の領域を特定して解決する支援を行い、設備稼働率を高めて生産効率を改善します。
技術概要を表示