過剰在庫を削減 — ジャスト・イン・タイム

スリムな生産方式の物流と在庫管理によって在庫を減らし、製造フローを増やす

世界でたたかうメーカーは、納期が許すかぎり、在庫を最小化することによって製造をスリム化することが重要であると理解しています。しかし、必達の納期を遵守するためには、在庫をスリム化できなくてもやむを得ないこともあるでしょう。

メンター・グラフィックスの部材管理ソリューション、Valor MSS Material Managementを使用すると、製造ファイルの準備が整い次第、倉庫から実装フロアの必要な場所へと必要な部材を自動供給することができます。実装装置から送信されるリアルタイムのデマンド信号とのマッチングによって、在庫を過剰に増やすことなく製造量を増やすことが可能です。

「Valor MSS Material Managementの導入で、段取り替え時間が80%短縮しました。以前は段取りの担当者が2人必要でしたが今は1人で十分です。」

RH Technologies、Quality Manager、Itmar Caspi氏

正しい部材を正しいタイミングで正しい装置へ供給できる機能は、グローバル競争を勝ち抜くために不可欠です。メンター・グラフィックスのソリューションにより、リアルタイムで収集した個々の装置の性能と配置率に基づいて、部材を実装フロアへ自動供給することができます。

メンター・グラフィックスの部材管理ソリューション

  • 部材不足を減らす
  • 部材供給待ちのダウンタイムをなくす
  • 間違った部材の供給や間違った供給形式を防止
  • 中間在庫の必要性をなくす
  • 段取り替え時間を大幅に短縮
  • 部材管理の人員を削減

フィーダに残っている、前の製造指示書の部材を有効活用し、正しい部材を正しいタイミングで正しい装置へ自動供給することによって、段取り替え時間が短縮します。

 

事例内で掲載した社名、部署名、役職名、氏名などは、事例発表当時のものです。

リソース

詳細

Valor MSS Material Management

Valor MSS Material Managementは、ジャスト・イン・タイム方式のスリムな生産部材フローを採用し、在庫数の削減と実装の合理化を実現します。
技術概要を表示