MES自動化ソリューション - 購入か内製か?

社内で開発するよりもソリューション・プロバイダから購入する方が「効率的」?

メーカー各社は、効率、生産性、競争力を強化するためMES(Manufacturing Execution System: 製造実行システム)自動化ソリューションを導入しています。

ソフトウェアを購入するかそれとも熟練の人材を投入して内製するかは、注意深く検討して決める必要があります。「どちらが競争力強化につながるのか」と、マネジメントが白熱した議論を重ねることも珍しくありません。

購入か内製か? - 長所と短所を比較

MES(Manufacturing Execution System: 製造実行システム)自動化ソリューションを「購入するか内製するか」を決める際に最も重要な要因は何かを検証します。MES自動化の各要素がコアビジネスの価値にどのような影響を与えるかを分析し、サードパーティ・ソリューション購入と内製ソリューション開発それぞれの長所と短所を比較して、どちらを選択すべきかを考えます。技術文献を表示[英語]

グローバル市場で勝つための差別化

購入か内製かを決める際にまず考慮すべき点は、競争力強化につながる差別化が可能かどうかです。MES(Manufacturing Execution System: 製造実行システム)自動化は、NPI(新製品導入)から量産までの重要な製造要素に関わるため、コアビジネスの目標達成に大きな影響を与えます。コアビジネスの価値を達成することができれば、競争力強化につながる差別化が可能になります。

  • 製品の品質
  • Time-to-Market
  • 運用コスト
  • 法規制のコンプライアンス

グローバル競争を勝ち抜くには、最高の性能が必要です。内製では、社内の狭い視野に基づいた生産フローを超えることはできないでしょう。

内製を支持する意見が見落としているポイント

社内でゼロからソリューションを設計するには、非常に長い時間がかかります。研究開発チームにも大きな負担がかかるため、コアビジネスのサポートがおろそかになる可能性があります。

ソフトウェアの開発サイクルは一度で終わると考えがちですが実際はそうではありません。最初のサイクルは始まりにすぎません。ソフトウェア開発 - アップグレード - 定期メンテナンスの流れの中で、ビジネス・ニーズや技術の変化に伴い部分的または完全なやり直しが必要になるのが普通です。再び人材や経費が必要になるため、何度も「購入か内製か」の判断を迫られます。毎回、判断要因が違うように見えますが、実は二度目以降も「リソースを投入して社内開発するかサードパーティから購入するか」という核心は同じです。

ソフトウェア開発 - アップグレード - 定期メンテナンスの流れの中で、ビジネス・ニーズや技術の変化に伴い部分的または完全なやり直しが必要になるのが普通です。「購入か内製か」の判断は一度だけではありません。

メンター・グラフィックスのMES(Manufacturing Execution System)自動化ソリューションValor MSSはすべてのPCB製造工程を単一の統合ソフトウェア・プラットフォームでサポートします。Valor MSS

事例内で掲載した社名、部署名、役職名、氏名などは、事例発表当時のものです。

RH Technologies

成功事例[英語]: RH Technologiesは、Valor MSSを使用して、以下の3つの分野でグローバル競争における優位性を確立しています。

  • 生産性 生産性 段取り中のダウンタイムを80%削減
  • コスト SMTラインの廃棄部品を3%削減
  • 品質 SMT製造の不良率を20%削減

成功事例を表示