製造フローを最適化して毎回納期を遵守

工場全体の作業順序と部材の段取りを最適化

 Valor MSS Process Preparationは、製造計画、製造指示書の割り当て、モニタリングと統合できます。

Valor MSSは、製造時間の最小化や設備稼働率の最大化など、加重優先順位に基づいて工場全体を最適化するユーザ・オプションを提供します。

納期遵守は、利益率の高いメーカーになるための必須条件です。納期の要件を満たすためには、精度の高い製造計画が不可欠です。部材在庫や設備の段取り、利用可能なフィーダの容量、装置の配置率を有効活用して複数ラインの製造計画を作成することは、SMT製造計画の究極の目標です。度重なる変更や緊急プロジェクト、部材不足、予期せぬダウンタイムなどが発生して計画が当て推量になると、高い代償を払うことになります。

メンター・グラフィックスの製造計画ソリューション、Valor MSS Production Planningは、当て推量を排除し、エンジニアリング時間を大幅に削減して、絶えず変化する環境条件に素早く対応する敏捷性で、工場全体に最適化された段取り計画と実装順序を作成します。

メンター・グラフィックスのValor MSS Production Planningソリューション:

  • 数千にのぼる製造指示書の計画を「ボタン1つ」で作成
  • 作業指示書を複数ラインに最適に割当て
  • 最適な実装順序で全体の供給を最適化
  • ダウンタイムを削減し、設備稼働率と納期遵守率を改善
  • エンジニアリング時間を最短にしながらミスもなくす

「Valor MSSの自動化機能で、NPI(新製品導入)のエンジニアリング時間を80%短縮できました。また、すでに設置された固定フィーダの段取りなど、ラインの実装能力に基づいて作業指示書を任意にグループ化することによって、実装計画を統合できます。」

Phoenix Contact Electronics GmbH、Manufacturing Process Support、Stephan Schnake氏

多品種製造では、新しい段取りの最適化に非常に長い時間がかかる可能性があります。メンター・グラフィックスの計画ソリューションは、工場全体の段取りを自動化することによって、エンジニアリング時間と段取り替え時間の両方を大幅に短縮します。

 
 

事例内で掲載した社名、部署名、役職名、氏名などは、事例発表当時のものです。

リソース

詳細

Valor MSS Production Planning

Valor MSS Production Planningは、装置やフィーダの容量、部材、構成に基づき、複数の実装ラインに対応したインテリジェントで最適なPCB実装計画を作成します。
技術概要を表示