統合プラットフォーム

単一環境でIC/パッケージ/基板システムを可視化および最適化

複数ドメインにまたがる接続を管理するXpedition Package Integrator独自のアプローチによって、設計チームは最も使い慣れた各自の作業環境で接続情報を取り込み、管理することができます。

例えば、パッケージ設計者は表形式のソリューション、基板設計者はグラフィカルな回路図をそれぞれ同じプロジェクト上で同時に使用することができます。早期のプランニングとプロトタイピングを可能にするとともに、システムレベルの接続は、ユーザが意識することなく、内部で透過的に管理されます。

Xpedition Package Integratorは、スプレッドシートの複数のタブを切り替えながらピンの割当てを管理するのではなく、1つのビュー内でデバイス間の接続経路を示しながら、複数ドメインにまたがるシステム全体を表示します。このフロアプランのビューで、信号、バス、インタフェースなどに基づいてどこからでもルールベースの最適化を実行することができます。エスケープ配線やブレークアウト配線も最適化プロセスに容易に反映します。

ルールインタフェースも使いやすく、ユーザ定義のピンプランニングと最適化のルールを容易に作成できます。ルールエンジンを使って、パッケージのどのピンにどの信号またはインタフェースを割り当てるかを制御するルールを定義します。

詳細

マルチモードの接続管理

複数ドメインにまたがるパッケージングおよびPCBのピンと信号のマッピング/短絡を複数の設計観点から管理します。

動的なセル定義

非対称のピン配列の定義と調整を行います。

ユーザ定義可能なルールによってボールアウトの割当てとピン最適化をガイド

製品情報リクエスト