制約条件管理

制約ドリブンの完全統合型設計メソドロジ

Constraint Manager(旧Constraint Editor System)は、フローに統合されたスプレッドシート形式の制約インタフェースで、回路図入力ツールと物理レイアウト・ツールの両方に対応しています。

制約インタフェース、回路図入力、レイアウト間でハイライトしたり選択したりできる双方向のクロスプローブ機能によって、設計意図が正確かつ効率的に取り込まれ、正しく適用されていることを確認できます。

制約管理機能によって、単一環境で電気的制約と物理的制約の両方を定義および検証できるため、それぞれ個別にデータベースを保有する必要がなく、設計精度が向上すると同時に、複雑な制約入力プロセスを簡素化できます。設計内または設計間での制約の再利用や、制約の同時入力が可能なため、設計プロセスが高速化します。

性能と製造上の制約を管理する統合された単一の制約入力ツール

設計入力からPCBレイアウトまで一貫性を保ち、またコンカレント作業が可能な制約編集とクロスプローブ機能を提供

制約テンプレートによって複雑なルールを複数のネットに適用

設計意図がシミュレーション環境から直接レイアウト上に確実に適用

制約編集環境で制約を直接検証

設計意図に照らしてレイアウトを検証可能

製品情報リクエスト