ライブラリの生成と管理

セントラルライブラリ内でPCBシステムの部品を定義し、再利用を管理

Xpedition xDM Libraryは、セントラルライブラリという概念に基づいて、複雑なPCBシステムに欠かせない部品の論理データと物理データの両方を管理します。セントラルライブラリには、シンボル(論理的ビュー)、セル(物理的な形状)、パッドスタック、論理データと物理データのピンマッピング(部品データ)などが登録され、一元的に管理されます。

また拡張性に優れており、小規模な開発環境で扱う簡易な要件にも、完全な部品管理を含む高難度の要件にも対応できます。

全社規模の情報をxDM Libraryに統合することによって、部品の技術パラメータ、廃番情報、コスト、在庫有無などを考慮しながら部品を選定できるため、部品検索にかける時間を短縮できます。また、推奨部品や推奨ベンダを優先的に選ぶことで、新規部品の増えすぎを抑え、部材コストの削減につなげることができます。

ナビゲーションツリー形式で部品の関係を視覚化

PCB部品の論理データと物理データをマッピングするために必要なすべての要素の取り込み

ライブラリ用部品の作成と部品データのインポート/エクスポートを一括管理

ライブラリの作成とライブラリへのアクセスを一元化

シンボル、セル、パッドスタック、部品のすべてを編集できる統合型エディタ

一貫性チェック機能と検証機能を内蔵

エンタープライズ環境にも対応できるライブラリ管理機能

複数部門を横断的に統合

中央一元管理による効率化

中央一元管理による効率化

Xpedition Enterpriseフローと緊密に統合

最初の部品選択から最終的な部品表(BOM)に至る一貫したデータ管理

製品情報リクエスト