HyperLynx SIは、SerDes設計を最適化するための高度なツールを備えています。設計とモデリングのための独自の機能により、ジッタ、オーバーシュート、アンダーシュート、リンギング、クロストーク、損失、反射など一般的な高速シリアル設計上の問題を回避しながら、シリアル・チャネルの性能と信頼性を最大限に引き出します。

  • FastEye線形チャネルの解析
  • BER(ビット・エラー・レート)情報の統計的な後処理
  • プリエンファシスのIBIS-AMI特性評価、イコライゼーション、クロックリカバリー

主な特長

SerDes設計

HyperLynx SIは、エレクトロニクス業界のあらゆる分野で規定されている高速シリアル・チャネル標準規格に対応した設計とその検証のためのツールです。

  • コンシューマ向けオーディオ/ビデオ、コンピュータ関連、通信、携帯電話に使用されるすべての汎用マルチギガビットSerDes設計標準に対応
  • レイアウト配線前の高速チャネル設計を調整するための高速かつ効率的な仮想プロトタイピング環境を提供
  • プリエンファシス、イコライゼーション、複雑なクロックリカバリー付きの最先端I/Oアーキテクチャをモデリング

解析とシミュレーション

部品や製造上の公差に十分なマージンを確保しつつ、性能を最大化できる設計を実現するため、SerDes設計の解析とシミュレーションはモデル精度とシミュレーション速度の両方を兼ね備えている必要があります。

  • SerDes設計に信頼性、スピード、精度をもたらすSパラメータ・シミュレーション
    HyperLynx SIにより精巧なポール・フィッティング・アルゴリズムによる周波数ベースのシミュレーションを実行できます。周波数情報が限定されたシミュレーション・モデルも使用できます。
  • 効率的な単一カーネル・シミュレーションのためのQuesta ADMS
    HyperLynx SIは効率的で、回路レベルとシステム・レベルの同時シミュレーションが可能な唯一のSerDes設計ツールです。ほかの設計ツールで発生しやすいプロセス間通信オーバーヘッドを回避します。
  • チャネル・シミュレーション極限加速のためのFastEye解析
    HyperLynx SI FastEyeスイートには、毎分100万ビット以上の伝搬をシミュレーションできるマルチギガビット・ドライバ/レシーバの線形モデルが採用されています。これまで数日を要していた1e-15 BER性能の検証が数時間で完了します。
  • 主要CADベンダ各社のソフトウェアと互換性を持つプリ/ポスト・レイアウト解析
    HyperLynx SIのポスト・レイアウト・チャネル解析では、レイアウト上で修正した部分がSerDes設計性能に著しく影響を与えないことを確認できます。
製品情報リクエスト