PCB解析

PCB仮想プロトタイピングの利点を最大限に活かし、より高品質の製品を迅速に開発

Xpedition EnterpriseのPCB設計フローでは、HyperLynxの包括的なツール一式を活用して、高速のPCBシミュレーションを実現します。次のような仮想プロトタイピングの機能が拡張されます。

  • アナログ・シミュレーション
  • SI、PI、EMIの問題に関する電気的デザインルール・チェック(DRC)
  • パワー・インテグリティ解析
  • シグナル・インテグリティ解析
  • 熱解析

HyperLynxの各ツールによって、設計性能を向上し、手戻りを最小限に抑え、製品をより早く市場へ投入することができます。

製品

シグナル・インテグリティ(SI)解析

設計の早い段階でシグナル・インテグリティに関する問題を解析し、コストのかかる手戻りを削減

パワー・インテグリティ(PI)解析

PCB設計プロセスを通じて、プリレイアウトおよびポストレイアウトの電源供給ネットワークやノイズ伝播メカニズムを正確にモデリング

デザインルール・チェック(DRC)

PCBの複雑な電気的ルールを高速に検証

フルウェーブ/ハイブリッド電磁界解析

PCB、パッケージ、RFIC、MMIC、平面アンテナ設計のための電磁設計およびポストレイアウト検証のツール

PCB熱解析

PCB設計の複雑な流れや熱領域を高速、完全、正確に三次元でモデリング

アナログ・シミュレーション

SPICE、VHDL、Verilog、その他の業界標準言語を使用したPCB全体の機能シミュレーション

製品情報リクエスト