Capital

電装システム/ワイヤ・ハーネス設計のためのソリューション

Capital - エンタープライズ環境に向けて作られたシステム

Capitalは、電装システム/ワイヤ・ハーネスを設計するための高機能ツール群です。車両概念定義から設計、製造、保守に至る統合プロセスの高度な要求に応えるために開発されたCapitalは、自動車、航空宇宙、ハーネスの大手メーカー各社で採用されています。

 

Capital – プラットフォームレベルの電装環境

Capitalは、効率的に電装設計データを作成、利用できるソフトウェアアプリケーションスイートであり、重要性と複雑性がますます高まる車両電装/電子システムに対応しています。Capitalの強力なテクノロジを活用すると、電装システムとワイヤ・ハーネスの設計、検証、製造、保守にかかるコストを削減し、事業価値を最大限に引き出すことができます。
航空機、自動車、オフロード車のような輸送プラットフォーム向けに開発されたCapitalは、小規模な限定的プロジェクトから全社規模のプロジェクトにまで展開できます。また、車両概念設計や電装アーキテクチャ定義から、ワイヤ・ハーネス製造と車両メンテナンスまでの幅広いフロー全体に対応しています。Capitalの中核となるツールは単独でも使用できますが、一貫した環境内でデータをシームレスに蓄積する1つの統合フローにまとめて運用することも可能です。MCADとPLMのような隣接するドメインを緊密に連携し、複数チームによる共同作業を可能にします。

機能

定義(デファイン)

製品の企画段階で電装アーキテクチャを統合的に最適化することにより、車両コスト、重量、車両諸元の複雑性を最小限に抑えるツールです。定義

設計(デザイン)

電装システム設計とワイヤ・ハーネス設計を効率的に自動化することにより、設計本来の知的生産性を最大限に引き出すツールです。設計

製造(ビルド)

ハーネスの部品、バリエーション、モジュールの設計プロセスやハーネス製造マニュアルの作成プロセスを合理化することで、製造コストを最小限に抑え、品質を最大限に引き出すツールです。製造

保守整備(サービス)

ドキュメントの作成を自動化し、サービス技術者に支援機能を提供することで、コスト削減とブランドイメージ向上を実現し、車両の可用性を最大限に引き出すツールです。保守整備

Capitalの詳細

配線設計 - 2つの配線アプローチ

Capitalでは、対話型の配線設計と自動生成型の配線設計の2種類のプロセスを提供しています。

対話型配線設計プロセス
(インタラクティブフロー)

対話型の配線設計プロセスでは、論理回路図の設計からコスト情報を含む詳細なハーネス図面の作成まで、Capital LogicとCapital HarnessXCが提供する電装設計機能をトータルに使用します。
対話型のフローでは、電装設計エンジニアが論理回路の接続と、電気配線の接続の双方を定義します。物理トポロジレイアウトを定義し、ルールドリブンの要素を使用して配線図面を関連付けて物理配線設計を検証できます。自動化機能には、論理設計から配線設計への変換に加えて多彩な設計比較機能や広範囲なリビジョン、有効化、監査機能が含まれます。

自動生成型配線設計プロセス
(ジェネラティブフロー)

自動生成型の配線設計プロセスでは、論理回路図の設計から物理レイアウト上での配線の合成、コスト情報を含む詳細なハーネス図面の作成まで、Capital Logic、Capital Integrator、Capital HarnessXCが提供する電装設計機能をよりトータルに使用します。
自動生成型のフローでは、論理回路接続、車両や航空機の物理/トポロジレイアウト、顧客オプション要件、自動配置配線用のデザインルールを電装設計エンジニアが定義すると、Capital Integratorによってこれらの論理的な情報と物理的な情報を統合し、配線定義を自動生成し、配線図を合成します。これにより、1つの論理回路図を複数の物理レイアウトに再利用することができます。

データ一元化ハイウェイ

設計データの管理が複雑な電気設計の問題を解決する鍵となるというのが、Capitalの基本的な理念です。そこで、Capitalでは設計プロセスの各段階で必要となるデザインの定義、作図の機能を用意するだけでなく、設計プロセスのすべての段階を統合するデータ一元化ハイウェイを提供するに至っています。
このデータ一元化こそが、Capitalと他の設計ツールの決定的な違いとなる部分です。これにより設計プロセスの多くの段階が自動化され、設計作業の進捗をフォローする形で情報が効率的に流れるほか、従来の設計ツールで必要だった時間がかかり、人的ミスを起こすデータ入力を排除できるなど、設計のスピードと品質が飛躍的に向上します。
多くの企業に、非効率な電装設計プロセスが存在します。特に、設計プロセスのある段階から次の段階へのデータの受け渡しや、設計変更部分の実装についてはまだまだ効率化の余地があります。このような非効率性は、品質の低下や全体的な設計サイクルタイムの長期化、そして設計完了までに必要な人的資源の増大という影響をもたらします。Capitalの一貫した電装設計プロセスを利用することで、品質、コスト、設計サイクルタイムの面で大きな改善効果が得られ、グローバル市場でも高い競争力を維持できます。

プロジェクトとプロセスの管理

オブジェクトの命名規則、デザインルールチェックのパターン、図面のスタイル/テンプレートといったプロジェクトの基本ルールを定義することで、自動的に適用することができます。出図管理の手順、部品の利用方法並びに解析用スクリプトなど、プロセス上の制約も強制的に適用できます。また、ワークフロー管理ツールとの統合機能も用意されています。

設計変更管理

Capitalはデータ一元化アーキテクチャを採用しているため、設計変更の管理も容易です。テーブルやグラフィカルな形式の差分レポート機能、バージョン管理、互換性のコントロール(「ビルドリスト」)、航空宇宙分野向けの設計影響トラッキングなど、多くの変更管理機能が用意されています。

直感的な電気シミュレーション/解析

シンプルなサブシステムの動作シミュレーションから、定量並びに過渡シミュレーション、車両全体の検証/故障解析まで、さまざまな機能が用意されています。これらの機能は設計環境と完全に統合されており、解析の専門家はもちろん、設計エンジニアにも簡単に扱えるように設計されています。

MCADとの高度な統合

Dassault SystèmesのCATIA V5やSiemens NXなどとの連携が可能です。データはファイルベースのオフラインモード、または直接接続したオンラインモードで共有することができ、オンラインモードではデータを共有し、設計箇所の視覚化に役立てることもできます。設計変更箇所をとらえ、照合する機能もあります。また、部品ライブラリデータの移管や出図済みデザインの保存など、PDMとの統合機能も利用できます。

組織をまたいだコミュニケーション

Capitalは、設計フローのいくつかの場所で組織をまたいだデータのやり取りをサポートしています。いくつものデータフォーマットがサポートされ、部品番号の変換機能などの特別な機能も用意されています。

ハーネスエンジニアリング

Capitalには、ライブラリから部品を自動的に選択し、スプライス方向のルールを検証するなど、ハーネスのエンジニアリングと検証に関する強力な自動機能が用意されています。モジュール(サブアセンブリ)設計など、最新の設計/製造手法もサポートされています。300以上の設計/プロセス用パラメータを含むモデルから、ハーネスの製造コストを極めて詳細に見積もることもできます。

車両諸元の取り込みと集合(スーパーセット)データ管理

車両諸元を作成、またはインポートすることができます。設計、シミュレーション、レポート作成はすべて、車両全体、個々のハーネスなどレベルを問わず、すべてこの集合図環境内にて行われます。この重要な機能により、変更管理をさらに強力かつ容易に行うことができます。

図面の合成

Capitalではデータから自動的に図面を合成できるため、エンジニアは創造的な設計作業に専念することができます。スタイル/テンプレートの適用が可能で、図面の内容も可読性が最大限に高まるようレイアウトされます。
これらの重要なプロセス管理基盤を備えたCapitalは、個々の論理的なシステムの設計からシステムの統合、ワイヤ・ハーネスエンジニアリング、またハーネスの製造、車両出荷後のサービスマニュアルや車両点検に至る電装設計プロセス全体をサポートします。

Capital技術文献

サプライヤとOEM間の変更管理

現在の設計環境では、ワイヤ・ハーネス設計に加えた変更箇所をOEMとハーネスサプライヤ間で伝達する標準的な手法が決まっていないため、変更箇所をいか に管理するかが大きな課題となっています。多くの場合、図面に手作業で注釈を追加するなどの方法で伝達事項をやり取りしています。MCAD領域では部品定 義にデジタルモデル交換を用いることをすでに標準化しているので、ハーネス領域でも同じことをすべき時期に来ています。本稿では、ハーネスデータをデジタ ルモデル化して交換する方法のメリットと、これにより解決できる変更管理における主要な課題について考察します。技術文献を読む

配線設計とハーネス設計の速度と品質を向上させる10の方法

電装設計は複雑化の一途を辿り続けています。現在は「最も平易な」機器に搭載される電子部品でさえ、25年前に大手自動車メーカーが大規模エンジニ アリングチームを組んで、当時最高のCADツールを使って設計していたもの以上に複雑になることがあります。今日の電装設計エンジニアにとっては基本的な 設計ソフトウェアでは十分とは言えません。ややこしい作業を引き受けてくれて、より賢く高速な作業を可能にするツールが必要です。技術文献を読む

車載システム設計への包括的アプローチ

本稿では、車載システム設計を、標準化された階層型機能の構成として単一レベルで表現し、その機能をE/E(電気/電子)およびソフトウェアのコンテンツ で記述するというアプローチについて説明します。コンテンツ記述後の合成プロセスではドメイン個別の実装レベルが生成され、適切なメトリクス(評価指標) を使った評価が行われます。ここで注目すべき点は、最適化やドメインを超えて行われるアーキテクチャ評価と検証をいかに早く、繰り返し行えるかです。技術文献を読む