製造(ビルド)

ハーネス製造用ドキュメントの作成

ハーネスの部品、バリエーション、モジュールの設計プロセスやハーネス製造マニュアルの作成プロセスを合理化することで、製造コストを最小限に抑え、品質を最大限に引き出すツールです。

Capital HarnessXC

製造を視野に入れたハーネスの開発と設計が行えます。Capital HarnessXC

Capital ModularXC

製造を視野に入れたハーネスやモジュール(サブアセンブリ)を開発/設計できます。Capital ModularXC

Capital Harness TVM

ハーネス製造プロセスとコストを迅速に取り込むことのできるツールです。Capital Harness TVM

Capitalの製造(ビルド)ツール

ハーネス製造はマージンの低い事業で、その成功には、高品質、高精度、高速化が欠かせません。最小部品の仕様における1つのミスさえ、大量に生産されるので大きなミスとなります。プロセスの後半で客先仕様にエラーが発見されれば、スケジュールに遅れが発生し、大変な事態を招きかねません。見積書の提出が少しでも遅れれば、入札の機会を失うこともあり得ます。 製造モジュールやサブアセンブリの仕様のわずかな変更によって、資材コストと製造機械の選択肢の両方に大きな違いが出てきます。

Capital製造(ビルド)ツール群であるCapital HarnessXCCapital ModularXCCapital FormboardXCCapital Harness TVMCapital Harness MPMを活用することで、ハーネスの製造と組立てに必要な図面、レポート、データを素早く生成できます。

Capital HarnessXCFormboardXCCapital ModularXCCapital Harness MPMといったCapital製造(ビルド)ツール群を使用すると、ハーネスの製造に必要な図面、レポート、データを素早く作成できます。自動化によってユーザによるデータ入力が最小限に抑えられ、プロセス期間を短縮できます。問題を早期に特定できる自動検証機能により、問題修正にかかるコストを抑えます。多岐にわたる制御機能とカスタマイズ機能が、設計者のスキルを最大限に引き出し、高い生産性を実現します。

Capital HarnessXC

Capital HarnessXCは、製造を視野に入れたハーネスの詳細設計とそのデータ検証まで実行できるグラフィカルな設計管理ツールです。自動部品選定によってエラーが減少することで設計期間が短縮し、図面、部品選定、BOMを含むすべてのオプション・バリアントを包含した最大ハーネス構成の自動配線での分解が自動化されます。プロセス管理、3次元MCADとの統合、変更管理の制御によって、設計プロセスを簡易化し、生産性が向上します。

Capital ModularXC

Capital HarnessXCの機能拡張であるCapital ModularXCは、グラフィカルな設計管理ツールで、オプション・バリアントを包含した最大ハーネス構成からモジュール(サブアセンブリ)に分解するモジュラ・プロセスに対応しています。モジュールは機能モジュールとしても製造モジュールとして分解できます。機能モジュールとして分解した場合は顧客オプションに基づいて、製造モジュールとして分解した場合は製造しやすさに基づいてモジュールを指定できます。

Capital Harness TVM

Capital Harness TVMは、ハーネス製造の工程、タスク、製造コストや納期といった項目を素早く正確に取り込むためのツールです。OEMのコスト管理担当者、アーキテクト、設計者からサプライヤのセールス/見積もり担当エンジニア、生産技術者、バリューエンジニアリング担当者にいたる幅広い業務に対応した各種機能を通じて、OEMとハーネス・サプライヤの両方を支援します。