Capital Harness TVM

ハーネス製造工程の迅速で正確なプランニングとコスト見積もり

  Capital Harness TVM Screenshot

Capital Harness TVMは、Capital HarnessXC、Capital ModularXC、VeSys 2.0 Harnessで作成したハーネス設計情報から、ハーネス製造工程、タスク、コストや納期などを正確に素早く取り込むことのできるツールです。

 

これまでのコスト見積もり方法には、大まかな概算しかできない、専門家が何時間もかけて詳細に分析しなければならない、融通の利かない専門アプリケーションや時間がかかりミスが起こりやすいプロセスに頼らざるを得ないといった問題がありました。Capital Harness TVMは、こうした従来のアプローチとは異なり、規則的なフレームワークとプロセスに基づいているため、所要時間と工数の正確なコストを素早く算出することができます。

OEMのコスト管理担当者、アーキテクト、設計者からサプライヤのセールス/見積もり担当エンジニア、生産技術者、バリューエンジニアにいたる幅広い業務に対応した各種機能を通じて、OEMとハーネス・サプライヤの両方を支援します。

特長と利点

  • ERPシステム用の構造化多層BOM(部品表)の出力機能とグラフィック機能を持つ使いやすいプロセス管理ツールであり、高効率の製造工程プランニングとサイクルタイム短縮を実現
  • 詳細なサブアセンブリのタスク分析に基づいて、正確な工数とコストを迅速に算出。素早い見積もり回答、競争力のある価格提示、見積もりミス防止により高い利益率を追求
  • 複数の製造拠点に展開可能な製造ノウハウとベストプラクティスを採り入れた、カスタマイズ可能なオペレーション、手順、タスク、工場モデルを実現し、標準化を推進しコスト削減を達成
  • 共通化可能なサブアセンブリの自動識別により、重複サブアセンブリをなくし、製造コストを節約
  • 長期的なリソース計画の立案に役立つ早期工程プランニングにより、プランニングと製造のリソース危機を回避
  • EPRシステムに取り込むためのサブアセンブリ部品番号を自動生成することによる省力化と効率化
  • Capital HarnessXC、Capital ModularXC、VeSys 2.0 Harnessのハーネス設計データを自動処理