Capital Level Manager

付け捨て(ギブアウェイ)コストを最小化した製品企画の最適化と検証

Capital Level Managerは、提供オプションや普及率を含む車両製品企画のための、Capital Desktop Architect(またはCapital Integrator)の補助機能です。車両諸元の複雑性がデータとして正確に計算され、マーケティング判断と設計判断が及ぼす影響を数値化できます。検討によって最適な判断を下すことができ、付け捨て(ギブアウェイ)の影響測定も可能になります。最終的に目指す車両諸元を製品企画と照らし合わせて検証することにより、生産ラインで組み立てミスが起こるリスクを解消します。

Capital Level Manager Screenshot

顧客に提供するオプションのマーケティング要件が記載されている製品企画書は、どの企業にとっても重要な資料です。企画段階の要件を部品レベルの個別要件に落とし込むプロセスにおいて車両諸元を正確に定義できるか否かは、収益性を大きく左右します。従来、製品企画がキャンペーン収益性に与える影響をモデル化することは困難であり、最適な仕様を探ることは不可能でした。

つまり、企業は、「全車両には採用されることのない余剰部品を多く抱えることになっても、あらゆる顧客オプションに対応できる電装システムを1つ設計するべきか」、それとも、「エンジニアリングと製造管理が煩雑になったとしても、余剰部品の数を減らして電装システムのバリエーションを増やすべきか」という相反する2つの間で均衡をとろうと努力してきました。

Capital Level Manager Screenshot

Capital Level Managerでは、製品企画が電装システムのコストと収益性に与える影響を分析できます。Capital Level Managerを使用すると、顧客にできるだけ幅広いオプションを提供するという価値(より広い市場をターゲットにできる)と、その顧客オプションをサポートする多様な電装部品の設計と管理にかかるコストのバランスを最適化できます。

それぞれの顧客のオプションに必要なワイヤと部品の正確な原価計算に基づいて、コストを詳細に試算できます。顧客オプションと生産部品の対応付けや生産部品の定義(重複部品の付け捨て(ギブアウェイ)など)を指定できる制御機能があります。製品企画を設計/製造計画に照らし合わせて検証する機能もあり、顧客が選択するあらゆる仕様に対応できるようにハーネス部品構成を用意できます。

特長と利点

  • 電装ハーネス増設に対応する製品企画の最適化により、収益最大化を実現
  • あらゆるオプションに対応済みであることを検証し、生産ラインでの組み立て間違いを解消
  • 市場、物理的なバリエーション、顧客オプション(関連性や規制など)を含めた製品企画のモデル化が可能
  • 配線設計から抽出したワイヤ/部品定義に基づいた高精度なコスト&収益性モデルを使用し、発注可能なあらゆる車両諸元を生成および解析
  • ハーネスのバリエーションと付け捨て(ギブアウェイ)部品を定義し、コストと収益性への影響を検討