Capital ModularXC

製造を視野に入れてハーネス設計とモジュールのサブアセンブリを行うことができます。

Capital Modular XC

Capital Modular XCでは、製造を視野に入れ、詳細でデータ検証されたハーネス設計とモジュールのサブアセンブリを行うことができます。

ユーザがハーネス分解オプション(Composite-DerivativeオプションかModularオプションのいずれか)を指定することにより、製造(ビルド)可能なハーネスのバリエーションが図面やBOMも含めて自動的に生成されます。Modularオプションには、「テールランプ」などの機能モジュール別に分解する方法と、「ECUコネクタのサブアセンブリ」などの製造モジュール別に分解する方法があります。Capital ModularXCは、柔軟性を重視して開発されているため、図面の作図形式や設計方法、検証方法を各社のニーズに応じてきめ細かくカスタマイズできます。

機能割り当てアルゴリズムにより、ワイヤのコードに基づいてモジュールを識別し、すべての関連部品(コネクタ、保護材、クリップなど)を自動的に構成し、モジュール定義を完了できます。生産割り当てアルゴリズムにより、ユーザが定義したベストプラクティスルールと制約に基づいて、高生産効率と低コストのための製造サブアセンブリモジュールを構成します。

特長と利点

  • グラフィカルなハーネス設計環境
  • ハーネスのエンジニアリング、データ検証、レポート作成を自動化
  • マスカスタマイゼーションとKSK(顧客固有のハーネス)に対応
  • モジュール分解、部品選定、BOM、図面作成を自動化
  • 複数拠点でのコンカレント設計を効率化する協調設計/統合機能
  • マウスをクリックするだけで図面形式を変更できるグラフィカルなスタイル/テンプレート
  • 主要なMCADとの強力なデータ統合インタフェース
  • 他のCapitalツール群とのシームレスな連携

特長

自動化されたエンジニアリングとデータ検証

Capital ModularXCの部品選択ルーチンが、ターミナル、シール、キャビティプラグ、テープ、チューブ、熱収縮テープなどのハーネス関連部品を自動で「選び出し」、製造に必要な完全な部品表(BOM)を作成します。

複数のカスタマイズ可能なDRC(デザインルールチェック)機能が装備されており、各社で定義したベストプラクティスの要件を確実に満たした最終デザインを作り上げることができます。自動設計比較機能では、異なるリビジョン間のグラフィック/仕様の変更を比較します。

 

モジュール、オプション、バリエーションの管理

Capital ModularXCでは、技術的モジュールを自動的に生成し、モジュールコードをハーネスオブジェクトに自動的に割り当てることができるため、機能モジュール、製造モジュール、派生モジュール、それらのコードの関係性を並行管理できます。モジュール割り当てアルゴリズムが豊富に用意されており、カスタマイズしたアルゴリズムで拡張することが可能です。

協調設計/統合

MCAD、KBL、その他のツールで設計変更があった場合は、ローカルで保持してあるデザインの詳細や属性を上書きすることなく、既存のハーネス設計データにいつでもマージできます。Capital ModularXCは、「変更ポリシー」に基づいて、複数のツールで行う設計変更を処理します。

 

グラフィカルなスタイル/テンプレート

Capital ModularXCでは、編集可能なグラフィカルスタイル/テンプレートを使用し、1つのデザインを複数の形式で作図する機能があります。この機能を使用すると、社内の作図標準や作図スタイルに準拠した図面を参照用に作成したうえで、顧客やサプライヤが定めた規格に準拠したデザインをオンデマンドで自動的に作成できます。

プロジェクトとデータの管理

Capital ModularXCには、設計データと設計プロセスの両方を高度に制御するデータ管理システムが付属しており、ハーネス設計に必要とされる高度なデータ交換を管理できます。

設計データの状態に応じたリリースレベルの管理、デザインのロック、変更箇所のトラッキング、ユーザ権限などの多くの機能を設計管理とユーザ管理の両方に対応しています。

 

MCAD統合/サードパーティツールとのデータ交換

Capitalアーキテクチャはデータを一元管理しているため、設計変更の管理も容易です。テーブル形式やグラフィック形式の差分レポート機能、バージョン管理、互換性のコントロール(ビルドリスト)など変更管理機能が多数用意されています。

追加機能: Capital FormboardXC

Capital Formboard XC

ワイヤ・ハーネス設計の自動化

Capital HarnessXCとCapital ModularXCの拡張機能であるCapital Formboard XCを導入することによって、Capital HarnessXC/Capital ModularXCの基本図面と連動するフルスケールの図面機能が有効となります。これにより1つの図面に対する変更を自動的にほかの図面にも反映されるため、良くあるエラーを避けることができます。付属品やほかの製造要素を対話形式で配置することも、ハーネス設計のベストプラクティスに沿ったカスタム設計ルールを自動的に適用することもできます。グラフィカルなスタイルテンプレート機能は、内容が異なる図面のコンカレント設計をサポートすることで、設計プロセスを高速化します。設計者がバンドルレイアウト、コネクタ、配線を定義すると、スタイルテンプレート機能によって、(シンボル、テキスト、フォント、自動に色つきされた表示など)必要な注釈がグラフィック表示されたオブジェクトが自動的に生成されます。

  • フォームボードの作図/編集のための強力なグラフィカル設計管理環境
  • マルチビュー機能により、1つの図面(Capital Harness XCハーネス図面など)の編集内容を関連図面(フォームボードなど)で自動更新
  • マルチビュー機能により、フォームボードとハーネス図面を多彩に表示可能(ショップフロア表示、エンジニアリング表示、カスタマ表示など)
  • リビジョン管理が容易なデータ管理機能により、従来のファイルベースのプロセスで頻発する転写エラーを解消
  • データ一元管理機能により、プロジェクト/プロセスの管理、設計変更、部門間コミュニケーション、上流/下流プロセスとの統合を合理化
  • マルチビュー機能により図面作成が簡易化し、変更が加えられるたびにすべての関連図面を自動的に更新
  • 設計ルールの自動チェック機能により、エラーを特定し、ベストプラクティスを適用
  • グラフィック比較機能

リアルタイムに構成可能なメトリクスで的確な設計判断をサポート

Capital Insight設計作業においては、アーキテクチャを最適化する早期の段階であっても部品を細かく選定する段階であっても、エンジニアは複数の選択肢に立たされることが多いものです。これらの選択肢は、最終的なコスト、収益性、重量、部品総数、そのほかの多くの要因に影響を与え、最善の決断を下せるか否かを左右します。

Capital Insightでは、エンジニアの選択がどのような影響を及ぼすかをリアルタイムで視覚的に確認でき、システム上で迅速にトレードオフを検討できます。コスト、重量、そのほか多くのメトリクスがグラフィカルなタブ形式でレポートされるので、複数のデザインのメトリクスを比較できます。メトリクスは簡単に構成することができ、各社の事業目的にしたがってカスタマイズし、知的財産に反映させることができます。

  • 使いやすいリアルタイムのメトリクス表示と比較ツール
  • エンジニアのためのオンスクリーンフィードバックとフォーマルレポート出力
  • システム上で比較調査するための複数の設計シナリオ管理
  • 柔軟性を重視したメトリクスで事業目的を強力にサポート
  • Capitalの内部と外部で作成したデータを使用可能
  • 最良の決断ができるようにエンジニアを支援、最大限の付加価値を実現
  • Capital Topology、Capital Integrator、Capital HarnessXC、Capital ModularXCとの互換性