定義(デファイン)

製品企画と物理アーキテクチャ定義

製品の企画段階で電装アーキテクチャを統合的に最適化することにより、車両コスト、重量、車両諸元の複雑性を最小限に抑えるツールです。

Capital Integrator

車両E/Eアーキテクチャを最適化し、コストと重量を最小限に抑えます。Capital Integrator

Capital Level Manager

製品企画の段階で最適化と検証を行い、付け捨て(ギブアウェイ)コストを最小化します。Capital Level Manager

Capitalの定義(デファイン)ツール

コスト、重量、複雑な車両諸元などの車両プラットフォームの重要な属性は、設計の早い段階でエンジニアリングとマーケティングの両領域で決められることが多いものです。属性が一度決定されると変更するのは困難であるため、これは車両の長期的な競争力に関わる重要な決定といえるでしょう。Capitalツールは、エンジニアリング領域とマーケティング領域を結びつけ、アーキテクチャの最適化に向けた定量的な判断を可能にします。

また、他のCapitalツールや組込みソフトウェア管理といった直接関連する技術ドメインとも統合されたこのツールによって、旧式のプラットフォームやフローの設計データを詳細設計に直接取り込むことができます。新機能を実装する他の方法を数値化して検討できるため、プラットフォーム量産中の意思決定にも役立ちます。

Capital Integrator

Capital Integratorは、デバイス配置、ハーネス配線チャネル、インラインコネクタ位置などのプラットフォーム物理アーキテクチャを検討できる高度な環境です。カスタマイズ可能なルールに従って、信号接続がアーキテクチャにマッピングされ、信号配線が合成されます。コスト、重量、再利用部品など幅広いメトリクスが計算され、リアルタイム表示されます。また、別のシナリオを入力して比較することもできます。

Capital Level Manager

Capital Level Managerは、提供オプションや普及率を含む車両製品企画のための、Capital Integratorの補助機能です。車両諸元の複雑性がデータとして正確に計算され、マーケティング判断と設計判断が及ぼす影響を数値化できます。検討によって最適な判断を下すことができ、付け捨て(ギブアウェイ)の影響の定量化も可能になります。最終的に目指す車両諸元を製品企画と照らし合わせて検証できます。