Capital HarnessXC

製造を視野に入れたハーネスの詳細設計を短期間で実現

Capital HarnessXC Screenshot

Capital HarnessXCでは、製造を視野に入れたハーネスの詳細設計を、そのデータ検証までを含めて、簡単かつ迅速に実施できます。

Capital HarnessXCは柔軟性を重視して開発されており、図面の作図形式やデザインの作成、検証方法を、各企業のニーズに合わせてきめ細かくカスタマイズできます。

また、複数のデザインに加えられた細かな変更を自動で統合するルールベースの協調設計/統合機能が詳細レベルにまで対応し、また作業自体が単純化され、協調作業時の設計効率を向上させます。

特長と利点

  • 強力でグラフィカルなハーネス設計環境
  • ハーネスのエンジニアリング、データ検証、レポート作成を自動化
  • マウスをクリックするだけで図面形式を変更できるグラフィカルスタイリング/テンプレート
  • 複数拠点での並行設計を効率化する協調設計/統合機能
  • 他のCapitalツール群とのシームレスな連携
  • 主要なMCADとの強力なデータ統合インタフェース
  • オプションとバリエーションに完全に対応

特長

自動化されたエンジニアリングとデータ検証

部品選定ルーチンが、ワイヤ、ケーブル、ターミナル、シール、キャビティプラグ、テープ、チューブ、熱収縮テープなどハーネス関連部品を自動で追加し、製造に向けて必要かつ完全な部品表(BOM)が作成されます。

複数のカスタマイズ可能なデザインルールチェックが用意されており、最終的なデザインは各企業で定義したベストプラクティスの要件を確実に満たしたものとなります。

エンジニアリング機能では、製造時のワイヤ長さ、バンドル径、最適なスプライス位置、テープ量、ハーネス重量など、完了したデザインに関するさまざまな数値が自動的に計算されます。

 

オプション/バリエーション(OV)管理

1つの集合図により、ハーネスの複数のバリエーションを管理できます。どの部品がどのバリエーションに割り当てられているかをツールが自動的に識別し、それぞれのバリエーションに対する製造部品表(BOM)を作成します。

協調設計/統合

MCADやその他のツールで設計変更があった場合は、ローカルで保持したいデザインの詳細や属性を上書きすること無しに、既存のハーネス設計データにいつでもマージできます。Capital HarnessXCは、複数の情報源からくる設計変更にどのように対処するかを「変更ポリシー」に基づいて決定します。設計変更の影響をシステムが自動的に評価して、ハーネス設計データに変更を適用します。

 

データ一元化アーキテクチャ

Capital HarnessXCは、設計プロセス全体を統合するデータ一元化バックボーンがベースとなっており、設計作業の進捗をフォローする形で情報が効率的に流れるため、煩雑なファイル操作の手間がありません。また、Capital HarnessXCのデータ一元化バックボーンによりデータ管理が単純化され、従来の設計ツールで必要だった時間がかかり、人的ミスを起こすデータ入力を排除できます。

プロジェクトの管理、デザインの管理、設計変更の管理、他のエンタープライズアプリケーションとの透過的なインテグレーションなど、多くの重要なシステム機能がこれにより利用できます。

グラフィカルなスタイル/テンプレート

Capital HarnessXCが持つ特長の1つに、編集可能なグラフィカルスタイル/テンプレートを使用し、1つのデザインから異なる複数の形式の図面を作図する機能があります。この機能を利用することで、社内の作図標準とそのスタイルに準拠した照会図面を作成しておいて、顧客やサプライヤ側の規約に準拠したデザインを後からオンデマンドで自動的に作図させることができます。

 

設計変更管理

Capitalはデータ一元化アーキテクチャを採用しているため、設計変更の管理も容易です。テーブルやグラフィカルな形式の差分レポート機能、バージョン管理、互換性のコントロール(ビルドリスト)など、多くの変更管理機能が用意されています。

 

プロジェクトとプロセスの管理

オブジェクトの命名規則、デザインルールチェック、顧客のオプションやバリエーションといったプロジェクトの基本ルールを定義することで自動的に適用することができます。出図管理の手順、デザインのロック、ユーザー権限、部品の命名規則などのプロセス上の制約も強制的に適用できます。

Capital Harness XCの拡張

追加機能

Capital Formboard XC

ワイヤ・ハーネス設計の自動化

Capital HarnessXCとCapital ModularXCの拡張機能であるCapital Formboard XCを導入することによって、Capital HarnessXC/Capital ModularXCの基本図面と連動するフルスケールの図面機能が有効となります。これにより1つの図面に対する変更を自動的にほかの図面にも反映されるため、良くあるエラーを避けることができます。付属品やほかの製造要素を対話形式で配置することも、ハーネス設計のベストプラクティスに沿ったカスタムなデザインルールを自動的に適用することもできます。グラフィカルスタイルテンプレートは、内容が異なる図面のコンカレント設計に対応しており、設計プロセスを高速に進めることができます。バンドルレイアウト、コネクタ、配線を定義すれば、スタイルテンプレート機能が自動的に必要なグラフィカル注記オブジェクト(シンボル、テキスト、フォント、自動染色挿入表示など)を生成します。

 
  • フォームボードの作図/編集のための強力なグラフィカル設計管理環境
  • マルチビュー機能により、1つの図面(Capital Harness XCハーネス図面など)の編集内容を関連図面(フォームボードなど)で自動更新
  • マルチビュー機能により、フォームボードとハーネス図面を多彩に表示可能(ショップフロア表示、エンジニアリング表示、カスタマ表示など)
  • リビジョン管理が容易なデータ管理機能により、従来のファイルベースのプロセスで頻発する転写エラーを解消
  • データ一元管理機能により、プロジェクト/プロセスの管理、設計変更、部門間コミュニケーション、上流/下流プロセスとの統合を合理化
  • デザインルールの自動チェック機能により、エラーを特定し、ベストプラクティスを適用
  • グラフィック比較機能

Capital Insight

リアルタイムに構成可能なメトリクスで的確な設計判断をサポート

Capital Insight

リアルタイムに構成可能なメトリクスで的確な設計判断をサポート

設計作業においては、アーキテクチャを最適化する早期の段階であっても部品を細かく選定する段階であっても、エンジニアは複数の選択肢に立たされることが多いものです。これらの選択肢は、最終的なコスト、収益性、重量、部品総数、そのほかの多くの要因に影響を与え、最善の決断を下せるか否かを左右します。

Capital Insightでは、エンジニアの選択がどのような影響を及ぼすかをリアルタイムで視覚的に確認でき、システム上で迅速にトレードオフを検討できます。コスト、重量、そのほか多くのメトリクスがグラフィカルなタブ形式でレポートされるので、複数のデザインのメトリクスを比較できます。メトリクスは簡単に構成することができ、各社の事業目的にしたがってカスタマイズし、IP(知的財産)に反映させることができます。

  • 使いやすいリアルタイムのメトリクス表示と比較ツール
  • エンジニアのためのオンスクリーン・フィードバックとフォーマルレポート出力
  • システム上で比較調査するための複数の設計シナリオ管理
  • 柔軟性を重視したメトリクスで事業目的を強力にサポート
  • Capitalの内部と外部で作成したデータを使用可能
  • 最良の決断ができるようにエンジニアを支援、最大限の付加価値を実現
  • Capital Topology、Capital Integrator、Capital HarnessXC、Capital ModularXCとの互換性