Capital Integrator

ルールドリブンの車両配線合成

Capital Integratorは、自動生成型配線設計プロセス(ジェネラティブフロー)を必要とする企業にとって鍵となるアプリケーションです。このプロセスは、システム統合の自動化に革新をもたらします。Capital Integratorは、システムの信号接続と物理的なトポロジレイアウトを自動的にマージし、細部まで完全な車両内配線を合成します。これにより、システム統合に必要となる時間と労力が大幅に軽減され、設計品質が向上するだけでなく、エンジニアはこれまで以上に幅広く、車両の物理アーキテクチャを検討して最適なレイアウトを決めることが可能になります。

ルールベースのCorrect-by-construction(構築しながら修正する)手法を採用したCapital Integratorは、Capital Logicで定義した信号の接続情報と組み合わせロジック/物理レイアウトを自動でマージし、デバイスの配置、車両プラットフォーム全体の配線設計を集合図形式で合成します。ユーザが定義可能なルールに基づき、デバイスの自動配置、信号/ワイヤの自動配索/配線、スプライスの配置を含めた詳細な配線設計を自動的に実行します。

このように論理的な接続から配線を直接合成できるCapital Integratorでは、論理接続情報を一度定義しておくことで別のプラットフォームでも利用できるため、標準化が容易であり、設計上のベストプラクティスを常に使用することによる信頼性の向上、設計サイクルの短縮など、使用するメーカーの競争力を強化できます。

特長と利点

  • ユーザが定義可能なルールに基づき、配線オブジェクト(ワイヤやスプライスなど)が自動的に合成されるため、システムの統合が容易、配線アーキテクチャをリアルタイムに検討可能。また、IP/エンジニアリング上のベストプラクティスの適用を徹底も可能
  • Capital Harness Systemsの各種ツール群とのとのシームレスな統合により、データ一元化環境を実現。他のCapitalツール群とのやりとりが容易で、ツール間で共通のルック&フィールも実現
  • 自動ないしは手動での配置による、強力なデバイスパッケージング機能
  • インラインコネクタの挿入やスプライス位置の移動など、ユーザによるデザインの詳細修正も可能
  • 車両レイアウトの2次元表示によるシンプルなデザインの可視化

特長

物理設計

Capital Integratorでは、2つの方法で物理レイアウトを定義できます。1つは、Capital Integratorの2次元レイアウト機能を利用して初期のコンセプトに基づくレイアウトを作成し、3次元CADのモデルと同期させながらデザインを成熟させていく方法で、もう1つは3次元CADのマスタ定義から直接スタートするという方法です。

Capital Integratorの2次元レイアウトの機能と3次元CADが緊密に連携することにより、アーキテクチャレベルのコンセプト段階から詳細な物理設計段階まで、設計プロセスのあらゆる段階で3次元CADとのコンカレント設計が可能になります。

データ一元化アーキテクチャ

Capital HarnessXCは、設計プロセス全体を統合するデータ一元化バックボーンがベースとなっており、設計作業の進捗をフォローする形で情報が効率的に流れるため、煩雑なファイル操作の手間がありません。また、データ管理も簡単なため、従来の設計ツールで必要だった時間がかかり、人的ミスを起こすデータ入力を排除できます。

プロジェクトの管理、デザインの管理、設計変更の管理、他のエンタープライズアプリケーションとの透過的なインテグレーションなど、多くの重要なシステム機能がこれにより利用できます。

設計変更管理

Capitalはデータ一元化アーキテクチャを採用しているため、設計変更の管理も容易です。テーブルやグラフィカルな形式の差分レポート機能、バージョン管理、互換性のコントロール(ビルドリスト)など、多くの変更管理機能が用意されています。

 

プロジェクトとプロセスの管理

オブジェクトの命名規則、デザインルールチェック、顧客のオプション並びにバリエーションといったプロジェクトの基本ルールを定義することで、自動的に適用することができます。出図管理の手順、デザインのロック、ユーザ権限、部品の命名規則などのプロセス上の制約も強制的に適用できます。

Capital Integratorの拡張

追加機能

Capital Insight

リアルタイムに構成可能なメトリクスで的確な設計判断をサポート

設計作業においては、アーキテクチャを最適化する早期の段階であっても部品を細かく選定する段階であっても、エンジニアは複数の選択肢に立たされることが多いものです。これらの選択肢は、最終的なコスト、収益性、重量、部品総数、そのほかの多くの要因に影響を与え、最善の決断を下せるか否かを左右します。

Capital Insightでは、エンジニアの選択がどのような影響を及ぼすかをリアルタイムで視覚的に確認でき、システム上で迅速にトレードオフを検討できます。コスト、重量、そのほか多くのメトリクスがグラフィカルなタブ形式でレポートされるので、複数のデザインのメトリクスを比較できます。メトリクスは簡単に構成することができ、各社の事業目的にしたがってカスタマイズし、IP(知的財産)に反映させることができます。

  • 使いやすいリアルタイムのメトリクス表示と比較ツール
  • エンジニアのためのオンスクリーンフィードバックとフォーマルレポート出力
  • システム上で比較調査するための複数の設計シナリオ管理
  • 柔軟性を重視したメトリクスで事業目的を強力にサポート
  • Capitalの内部と外部で作成したデータを使用可能
  • 最良の決断ができるようにエンジニアを支援、最大限の付加価値を実現
  • Capital Topology、Capital Integrator、Capital HarnessXC、Capital ModularXCとの互換性

Capital IntegratorのAutoView

配線図面の自動生成

Capital IntegratorのAutoViewテクノロジは、設計ルールと各種アルゴリズムによって図面を生成する際のレイアウトを決定します。その後、対話型の操作によって、図面に修正を加えることができます。この修正内容をAutoViewに反映した後でリビジョンなど変更があった場合には、変更を自動で適用することもできるため、プロセスが合理化され、設計の手間を最小限に抑えることができます

配線図面と設計図をCapital Logicで編集したり、ハイパーリンク付きでPDF、DXF、CGMなどの多彩なグラフィック形式でエクスポートしたりできます。