保守整備(サービス)

インテリジェントなドキュメントの自動作成

フォーマットされたドキュメントを直接データソースから作成するので、コストが削減され、文書精度が向上します。高度なナビゲート機能により、車両/諸元固有データを保守整備工場に提供できます。

Capital Publisher

エンジニアリング・データを自動的に再利用してドキュメント・パッケージを作成します。

Technician Environment

エンジニアリング・データを自動的に再利用してドキュメント・パッケージを作成します。

Capitalの保守整備(サービス)ツール

車両のメンテナンス、修理、アップグレードは、ビジネスにとって大きな意味を持っています。ドキュメント作成も効率的でなければなりませんが、保守整備作業そのものも可能な限り迅速に進める必要があります。航空機、トラック、オフロード車両、防衛機器の分野においては、保守整備を迅速さが実用性や任務遂行能力に影響します。乗用車の分野では、保守整備の収益性とブランド・イメージを左右します。

Capitalには、電装システムに関するドキュメント作成と車両保守整備の両方に対処できる技術が採用されています。Capital Publisherは、効率的に設計データを再利用してドキュメントを作成できる強力なアプリケーションです。電装設計データを検証して再パーティションすると、データから直接合成される新規図面を含め、自動的に複数の言語とグラフィック・スタイルにフォーマットされて出力されます。

3次元MCAD表示や2次元位置表示など、直接関連する技術ドメインからのデータを自動的に連動できます。また、設計仕上がりデータではない、製造仕上がりデータも取り込むことができるため、より高い精度のドキュメントを作成できます。Capital Publisherからの出力パッケージをコンテンツ管理システムやS1000D規格で構築されたアプリケーションなどの既存のドキュメント作成環境に展開することが可能です。Capital Publisherは、Web-CGMなどの一般的なファイル形式に対応しています。