FPGAベンダへの非依存性

FPGA設計者にとって、自らの設計をさまざまなベンダのデバイスに再適用できる柔軟性を確保しておくことは重要です。一方、FPGAベンダは常に、最大、最速で電力効率に最も優れたデバイスの提供に凌ぎを削っています。そのため設計者は、単一のFPGAベンダに縛られない設計手法を求めています。

メンター・グラフィックスは、FPGAベンダに依存しない高度な設計ソリューションを業界で最も幅広く提供し、システムレベル設計からFPGA合成、PCBレイアウトまでを網羅したソリューションを用意しています。その一環として、Precision Synthesisにベンダに依存しないIPプラットフォームを組み込み、FPGA設計のさまざまな用途に応じてサードパーティIPを容易に使用できるようにしています。

ハイライト

客観的なデバイス選択

ベンダに依存しないようにツールを標準化しておくと、どのデバイスを選ぶかを子細に検討できます。FPGAベンダが提供する無料ツールに左右されることなく、各シリコンデバイスのメリットを客観的に評価し、プロジェクトに最適なFPGAを選択可能です。

設計の効率的な再利用

すべてのFPGAデバイスでフローが統一されているので、社内やサードパーティのIPを有効活用できます。デバイス変更を検討する際にも、言語サポート、制約形式、合成の最適化におけるツール間の違いを気にせず、一貫性のある設計環境のメリットを得られます。

開発コストの削減

ベンダに依存しない統一手法を採用することで、設計対象のFPGAがどれであっても同じフローに沿って、設計者が専門性を身につけることができます。新しいツールの習得にかかる時間が短縮され、製品開発にかけられる時間が増加するので、開発コストの削減につながります。

製品情報リクエスト