CDC(クロックドメインクロッシング)

Questa: 業界で最も包括的で使いやすいCDC(クロックドメインクロッシング)と
RDC(リセットドメインクロッシング)の検証ソリューション

Questaフォーマル検証フロー  

Questaフォーマル検証フロー

高性能、立ち上げ時間短縮、低消費電力の要件が課せられる最近のチップ設計には、高度なマルチクロック/リセット信号分散アーキテクチャがますます採用されるようになってきました。
Questa CDCとQuesta Reset Checkを使用すると、クロックドメイン間とリセットドメイン間の相互作用など、シミュレーションベースの検証では対処できない問題を重点的に検証できます。

製品

Questa CDC(Clock Domain Crossing)

Questa CDCは、あるクロックドメインで生成され、別のクロックドメインで使用されるCDC(クロックドメインクロッシング)信号あるいはそのグループに関連したエラーを検出します。
クロックドメイン、シンクロナイザ、UPFによる低消費電力構造を構造的に解析/認識することでエラーを検出し、メタスタビリティモデルを生成してリコンバージェンス検証を行います。

Questa Reset Check

Questa Reset Checkはフォーマル解析を自動化するアプリケーションであり、リセット信号の構造上の問題を網羅的に特定できます。
具体的には、RTL記述を入力として取り込み、ボトムアップのリセットツリー解析を自動的に実行するとともに、リセット信号の構造に特有のさまざまな問題をチェックするアサーションを自動で生成し、プルーブします。

利点

  • 即効性のある生産性向上: クロックストラテジとクロック配分ストラテジをQuesta CDCが自動で特定することで、最短セットアップ時間を達成。RTL設計を読み込むだけで、テストベンチに頼ることなく、CDCに関わる潜在的なすべてのエラーを検出
  • SoCレベル検証までサポート: 機能の階層化により、億単位のゲート設計にも対応できる比類ないキャパシティとハイパフォーマンスを実現
  • 最少擬似エラーかつ高精度: 信号に関するすべての問題を網羅的に検出。業界一低い誤検出率を誇り、誤検出された疑似エラーを追跡する時間の無駄を徹底排除
  • 使いやすさ: プロパティ言語、フォーマル検証、アサーションベース検証の知識を必要としない完全自動の解析フロー。使い慣れた回路図と波形をGUIに表示可能。また強力な制御/レポート機能を含むTCLスクリプト環境も内蔵
製品情報リクエスト