Veloce TestBench Xpress

ソフトウェアベースのシミュレータに比べて最大10,000倍高速に動作するVeloceのTLM(トランザクションレベルモデリング)検証

トランザクションベースのシミュレーションアクセラレーション

VeloceのコモデリングソフトウェアアプリケーションであるTestBench Xpress(TBX)により、Veloce2エミュレータは超高速TLM検証エンジンになります。Veloce2とTBXを使用すると、ブロックレベルとSoCレベルの両方のリグレッションテストを高速化できるため、開発スケジュールの遅延リスクが大幅に減少すると共に、シミュレーションで使用したトランザクションレベルモデルを有効活用することもできます。

TBXは、ホストシステム上にあるテストベンチと、Veloce2エミュレーションシステムでモデリングされたSoCを結ぶSCE-MI準拠のトランザクションレベル通信リンクです。

コモデリングでは、再利用可能なテストベンチを、Veloce2エミュレータ内のDUTと同じ場所に置いた合成可能なトランザクタに接続します。高速化されたトランザクタは、抽象度の高いトランザクションを信号レベルのスティミュラスに変換してDUTを動作させます。

TBXによるトランザクションモデリングでは、SystemVerilog DPI(Direct Programming Interface)のインポート/エクスポートのタスクを基本的な構文として用いています。TBXはホスト上のC/C++またはSystemC環境とVeloce2エミュレータ内のSoC DUTを直接接続する通信インタフェースを自動生成します。SystemVerilogテストベンチの場合、TBXはホストPC上のQuestaシミュレータと連携してテストベンチを実行します。

製品情報リクエスト