Veloce2エミュレータ

SoC設計を対象としたハイキャパシティ、ハイスピード、マルチアプリケーションの強力シミュレーション/エミュレーション

Veloce2エミュレータは、設計プロセスのすべての段階でブロックレベルおよびSoC全体のRTLシミュレーションを加速させます。Veloce2を使用すると、ハードウェア設計とソフトウェア設計がフリーズする前の流動的な段階でも、実データを使用してプリシリコンのテストとデバッグをハードウェア速度で実行できます。

業界最高水準のキャパシティとパフォーマンスを誇る実証済みのハードウェアアーキテクチャ、世界各地のプロジェクトやユーザをサポートする革新的なオペレーティングシステム、一連の専用アプリケーションによって、大規模ハードウェア/ソフトウェアシステムの検証時間を大幅に短縮します。

特長と利点

  • シリコンプロトタイプ製作前に多くの検証サイクルを実行できるため、最終製品の品質が向上
  • ファーストシリコン前に完全なシステム統合テストが実施できるため、機能の不具合によるシリコンリスピンを回避
  • 設計プロセスの早期段階においてエミュレーションハードウェア上でデバッグが行えるため、ソフトウェアがプロジェクトのクリティカルパスにならない
  • SoC設計のシミュレーションとエミュレーションの両方に対応できる検証基盤として、プロジェクト全体のROI向上にも寄与
  • 1600万ゲートから最大20億ゲートまでのキャパシティに対応したスケーラブルな検証プラットフォーム
  • ファーストシリコン前に完全なシステム統合テストを実施
  • 補完的なソフトウェア/アプリケーションソリューション
  • Veloceファミリすべてに共通の構成とデバッグソフトウェア
  • シミュレータ感覚のデバッグ環境と、内部DUTに対する100%の可視性
  • ネットワークアクセス可能なマルチユーザシステム
製品情報リクエスト