メンター・グラフィックス、
リグレッションテストの最速化に向けて
Questa検証ソリューションとJenkinsエコシステムを統合

2016年11月01日

メンター・グラフィックス・コーポレーション(本社: 米国オレゴン州、以下メンター・グラフィックス)は、同社のQuesta®検証ソリューションをJenkins継続的インテグレーション/ソースコード管理(CI/SCM)システムと統合したことを発表しました。Jenkinsのダッシュボード内からQuesta Formal VerificationとQuesta Simulationによるリグレッションテストを管理/制御できるようになり、シミュレーション結果の解釈や解析、完全なチャートとグラフ一式の生成、管理用のステータスレポートとトレンドレポートの自動生成も可能です。Wilson Research Groupによると、検証管理は世界中のASIC/FPGA検証チームにとって4番目に時間のかかる業務の1つに挙げられていますが、QuestaツールとJenkinsエコシステムが統合されたことで、メンター・グラフィックスの検証管理ソリューションの生産性は2倍に強化されました。

Jenkinsはオープンソースの自動化サーバの分野をリードする存在であり、ソフトウェア開発プロジェクトを確実に構築、テスト、実装する手段を世界各地のエンジニアに提供しています。この数十年の間に、多くの検証プロジェクトにJenkinsが導入されてきました。しかし既存ソリューションでは、Jenkins内から検証エンジンを起動する程度しかできないため、Jenkins経由有用な検証結果が得られることはほとんどなく、結果を人的に解釈または解析する作業が必要でした。JenkinsはCI管理環境であり、検証ツールセットの管理、実行、解析を直接的にはサポートしていません。メンター・グラフィックスのQuesta VRM(Verification Run Manager)プラグインを使用すると、Jenkinsからリグレッションテストを管理したり実行したりできるようになることに加え、Questa VRMシステムから得られたリグレッションテスト結果をJenkinsが活用できるようになります。

「メンター・グラフィックスがJenkinsのエコシステムならびにコミュニティに加わったことを心から歓迎します。Questa VRMプラグインは、EDAツールとJenkinsを緊密に統合させる画期的なオープンソースプラグインです。こうしたプラグインは、ハードウェアや組込みシステムの開発プロジェクトにおいて、効率的で持続的なインテグレーション環境の整備に大きく貢献しています。EDAベンダ最大手の1社であるメンター・グラフィックスがすべてのユーザと競合企業に対して素晴らしいお手本を見せてくれました。メンター・グラフィックスのその他のツールチェーンとの一層の統合を進め、この領域でJenkinsの活用が広がることを期待しています。」CloudBeesのエンジニアでJenkinsの中心メンバーであるOleg Nenashev氏は、上記のように述べています。

Questa VRMプラグインを使用すると、リグレッションテストから得た重要な情報をJenkinsコックピット上に表示できるので、リグレッションテストの最新結果に加えて、長期的な傾向も簡単に観測、解析、レポートできます。また、携帯型スティミュラス生成ツール、性能解析ツール、デバッグ環境など、メンター・グラフィックスのEnterprise Verification Platform(EVP)構成ツールを起動することも可能です。

「QuestaをJenkins CI/SCMエコシステムと統合したことで、単一環境から両システムの優れた機能にアクセスできるようになりました。相互補完的な2つの環境から、より生産的で効果的な検証フローが創出され、顧客のフォーマル検証システムおよびシミュレーションシステムを最大限に活用できるようになったのです。」メンター・グラフィックス、Design Verification Technology Division、Product Marketing Manager、Mark Olenは、上記のように述べています。

Jenkins CI/SCMエコシステムとの統合は、すべてのQuestaユーザを対象としています。Questa VRMプラグインは、Jenkinsオープンソース自動化サーバのウェブサイト上の無料ダウンロードページから入手可能です。

メンター・グラフィックスについて
メンター・グラフィックス・コーポレーションは、世界中で成功を収めている電子機器メーカー、半導体企業、電子システム構築ベンダのニーズに応える製品をはじめとし、コンサルティングサービス、受賞歴を誇るサポートサービスを提供する、電子ハードウェアおよびソフトウェア設計開発ソリューションのグローバルリーダーです。1981年に設立されたメンター・グラフィックスは、昨年度売上高としておよそ11.8億米ドルを計上しており、本社はアメリカ合衆国オレゴン州ウィルソンヴィルに所在しています。メンター・グラフィックスについての詳しい情報は、www.mentorg.co.jpをご覧ください。

Mentor GraphicsはMentor Graphics Corporationの登録商標です。その他記載されている製品名および会社名は各社の商標または登録商標です。

 

機能検証について

 

本件に関するお問合わせ

メンター・グラフィックス・ジャパン株式会社
マーケティング部
エリソン 有理
E-mail: yuri_ellison@mentor.com