Questa CDC(Clock Domain Crossing)検証ソリューション

業界で最も包括的で使いやすいクロックドメインクロッシング(CDC)検証ソリューション

複数のクロック信号の混在によるメタスタビリティそのものをシミュレーションすることはできません。
問題を特定して修正するために網羅的なクロックドメインクロッシング解析を自動化しないと、ファブから納品されたサンプルチップが想定外の動きをするという問題に悩まされます。
結論を言うと、クロックドメインをまたがる信号には自動CDC検証ソリューションが必須です。

クロックに問題が発生したら

高性能と低消費電力の要件が課せられる最近のチップ設計には、高度なマルチクロックアーキテクチャがますます採用されるようになってきました。
マルチクロックドメイン設計の場合、RTLやゲートレベルのシミュレーションでは、異なるクロックドメイン間のデータ転送のタイミングを正確にとらえることができません。
したがって、シミュレーションを実行してもシリコンの動作を正確に予測できず、検証プロセスにおいて重大なバグを見逃してしまう可能性があります。

Questa CSC  

Questa CDCソリューションは、RTL記述(とUPFで記述したパワーインテント(低電力化方針)ファイル)を入力として取り込むだけで、チップにとって致命的なCDC(クロックドメインクロッシング)の問題を迅速に特定するアサーションを自動で作成/解析できます。
検証結果はUCDB経由でマスタの検証データベースに送ることも可能です。
形式的仕様記述言語の知識もプロパティ言語の知識も必要ありません。

ソリューション: Questa CDC

Questa CDCは、あるクロックドメインで生成され、別のクロックドメインで使用されるCDC(クロックドメインクロッシング)信号あるいはそのグループに関連したエラーを検出します。信号あるいはそのグループに関連したエラーを検出します。クロックドメイン、シンクロナイザ、UPFによる低消費電力構造を構造的に解析/認識することでエラーを検出し、メタスタビリティモデルを生成してリコンバージェンス検証を行います。
潜在的なすべての故障モードをチェックし、普段から使い慣れた見慣れた回路図や波形形式で表示します。
機能シミュレーションにおいてメタスタビリティ回路を挿入することで、DUTで非同期クロックを正しく処理されるかどうかを検証できます。

特長

  • 複数のクロックドメインをまたいで非同期転送されるすべての信号に対して、CDCシンクロナイザが正しく挿入されていることを統計的に検証
  • CDCパスの完全性をチェック
  • 事前定義されたものとユーザ定義の両方のCDCスキームに幅広く対応
  • すべてのCDCスキームに対して構造、プロトコル、リコンバージェンスを包括的に検証
  • Questa CDCとUPFパワーインテント(低電力化方針)ファイルを使って、低電力回路を導入してもCDCの問題が発生しないことを検証
  • デバッグ用のGUIを統合
  • Questa Formal Verificationとの緊密な一体化
  • IEEE標準のUCDBとの統合/レポート機能により、結果をデータ化し、Questa Verification Management経由でマスタ検証データベースに送信

 

利点

  • 即効性のある生産性を向上: クロックストラテジとクロック配分ストラテジをQuesta CDCが自動で特定することで、最短セットアップ時間を達成。RTL設計を読み込むだけで、テストベンチに頼ることなく、CDCに関わる潜在的なすべてのエラーを検出
  • 使いやすさ: Questa CDCはSDC(Synopsys Design Constraints)フォーマットを読み込み、クロックやポートのドメイン設定に対する制約を与えるだけでなく、TCLスクリプティング環境によって強力な制御とレポーティングを実現します。
  • 最小擬似エラーかつ高精度: 信号に関するすべての問題を網羅的に検出。業界一低いご検出率を誇り、ご検出された擬似エラーを追跡する時間の無駄を徹底排除。
  • 見慣れたグラフィック表示: 普段から使い慣れた回路図や波形を表示できるGUI
  • 低消費電力化対応: UPFを修正せずにそのまま再利用し、低消費電力回路でCDC関連エラーを引き起こしていないことを確認
  • SoCレベル検証までサポート: 機能の階層化により、億単位のゲート設計にも対応できる比類ないキャパシティとハイパフォーマンスを実現
  • メタスタビリティ検証とシミュレーションの統合: 特許技術のメタスタビリティ回路自動挿入を利用して、他の方法では検出できない複雑なCDCリコンバージェンスのバグを検出
  • 検証マネジメント: CDCプロトコルおよびリコンバージェンス検証のカバレッジレポートをUCDB経由で自動生成し、CDC検証の進捗とCDCプロトコルに対するテストベンチの品質を明らかにして、検証プロセス全体を効果的に管理

メモ

フォーマル検証とSVAシンタックスに対する高度な知識をお持ちの場合、Questa FormalとQuesta CDCをシームレスに統合させることで、CDCの問題をより掘り下げて、細かく解析できるようになります。
最終的には、IEEE標準のUCBDを使って生成したレポートをデータ化し、Questa Verification Management経由でマスタ検証データベースに送信することが可能です。

製品情報リクエスト