Questa Reset Check

リセット信号の問題を徹底的に検証

リセット信号の分配がますます複雑化し、RTLシミュレーションでは対応できない影響が生じるようになりました。
Questa Reset CheckはQuesta Simulatorと同じ言語パーサーを使用し、ハイパフォーマンスのフォーマルベースQuesta CDC(Clock Domain Crossing)アルゴリズムが内蔵されています。想定外の信号リセットエラーというチップにとって致命的な問題を漏れなく特定/修正するツールです。

チップにとって致命的な新たな問題: リセット信号の複雑化

リセット信号の複雑化により、RTLシミュレーションでは対応できない新しい問題が浮上してきました。
例えば、複雑なリセットシーケンスやリセット構造による独立した複数の「リセットドメイン」は、クロックドメインクロッシング(CDC)と同様にメタスタビリティと信号のリコンバージェンスの問題を引き起こすことがあります。
クロックドメインクロッシングの場合と同様、リセット構造に起因するメタスタビリティそのものをシミュレーションすることはできないため、ファブからサンプルが戻ってきたときに、チップが想定外の動きをするリスクを抱えることになります。
Questa Reset Checkでは、RTL記述を入力として取り込むと、アサーションを自動生成して解析するので、チップの致命的なリセット信号の問題を短時間で徹底的に特定することが可能です。

Questa Reset Checkでは、RTL記述を入力として取り込むと、アサーションを自動生成して解析するので、チップの致命的なリセット信号の問題を短時間で徹底的に特定することが可能です。  

Questa Reset Checkでは、RTL記述を入力として取り込むと、アサーションを自動生成して解析するので、チップの致命的なリセット信号の問題を短時間で徹底的に特定することが可能です。

ソリューション: Questa Reset Check

Questa Reset Checkはフォーマル解析を自動化して、リセット信号の構造上の問題を網羅的に特定するアプリケーションです。
RTL記述を入力すると、徹底したボトムアップのリセットツリー解析が自動実行されます。その後、リセット信号に特有の数々の構造的なエラーを網羅的にチェックするためのアサーションを自動的に作成して実行します。

特長

  • ゲート論理回路と制御論理回路を含めたリセット構造を設計から抽出
  • リセットツリーに含まれる全レジスタノードの同時性、極性、セット/リセット機能を報告
  • 同一のクロックドメイン内のレジスタに依存するリセットドメインクロッシング(RDC)信号を特定
  • クロック信号とリセット信号の関係レポートをマトリクス形式で出力

利点

  • リセット信号に関わるすべての問題を徹底的に特定
  • プロパティ言語、フォーマル検証、アサーションベースの検証に関する知識がなくても実行可能な完全に自動化された解析フロー
製品情報リクエスト