Questa Verification Management

拡張性の高いモジュラ型の検証マネジメント

検証が管理されていないと、プロジェクトのスケジュールが遅れ、品質が脅かされ、リスピンのリスクが出てきます。必要なものは、すべての関係者、つまり、システムアーキテクト、ソフトウェアエンジニア、設計者、検証担当エンジニアが、リアルタイムにプロジェクト全体を見通せる共通のプラットフォームと環境です。検証計画だけでなく、仕様と設計も時間の経過とともに変更が加えられます。IC設計プロジェクトには、プロセス、ツール、およびデータの3つの側面があります。Questaは、拡張性の高いモジュラ型ソリューションであり、その検証管理機能を使用してあらゆる問題に対処できる包括的なアプローチを提供します。

利点

  • スケジュールどおりに製品を市場投入するための見える化
  • データ量を削減し、プロジェクトの進行状況を追跡
  • リソースを追跡する上でのリスクを管理
  • 保守を削減し、自動化を改善
  • デバッグプロセスを即開始

ピックアップ

高度なUVMのデバッグ

オンデマンドWebセミナー[英語]: Questa 10.2を使用してUVMベースのテストベンチをデバッグする新しい方法を紹介します。オンデマンドWebセミナーを視聴

特長

データ管理

Questaの検証マネジメント機能は、UCDB(Unified Coverage Database)に基づいています。UCDBは、検証ツールとプロセスによって生成されたカバレッジデータであればどのソースのデータでも取り込むことができます。QuestaとModelSimは、この形式をネイティブで使用して、サポートされているすべての言語でコードカバレッジ/機能カバレッジ/アサーションデータを格納できます。

また、UCDBでは、どの検証ツールが使用されたか、どのパラメータがこれらのツールを制約したかといった、幅広い検証コンテキストとプロセスに関する情報をキャプチャする機能も使用できます。

その結果は、個々のテストに関するユーザ情報を追跡したり、テストがカバレッジオブジェクトにどう影響したかを確認したりできる内容豊富な検証履歴となります。

プロセス管理

検証の方向性は、最終製品の機能と機能の検証方法の両方を条件として決まります。Questa Verification Managementは、検証計画またはテスト計画をインポートし、プロセス全体をガイドするツールを提供します。それによりこの複雑性に対処することができ、ツールによるプロジェクト全体の進捗管理が可能になります。また、プロジェクトのライフタイム全体を通じて、データのスナップショットを格納できるため、もっとも必要とされている場所に労力を集中させることができます。

テスト計画の追跡

プロジェクトは、Microsoft Excel/WordからOpenOffice Calc/Writeまで広範なアプリケーションによって作成されたスプレッドシートまたはドキュメントを用いて追跡されます。そのため、検証管理ツールは、さまざまなファイル形式に対応していることが非常に重要となります。したがって、Questaの基本機能は、ユーザが任意のキャプチャツールを使用して計画を記録および管理できなければならないということを前提に開発されています。

このようなドキュメントは検証プロセスの指針となります。Questaのユーザインタフェースから計画データをソートまたはフィルタリングしたり、特定のパラメータをテストするためにどのテストがもっとも効果的か、設計上で変更されたインスタンスに最適のカバレッジを取得するにはどのテストセットを実行する必要があるかといった複雑な問い合わせを実行したりすることができます。

傾向分析

動的な検証プロセスの進行状況を理解するには、カバレッジデータを表示できなければなりません。したがって、検証管理ツールは、データが単一のテストまたは完全なリグレッション実行の組合せのどちらから生成されたとしても、このデータを管理、表示、解析する手段を提供する必要があります。

カバレッジデータの個々のスナップショットを生成して管理するのは、大量のデータが伴うため、困難な場合があります。Questa UCDBはこの機能を備えているため、複数のスナップショットからのリグレッションデータを単一のデータベースに整理統合し、このデータベースで傾向を照会することができます。

ツール管理

検証管理は、クロージャを達成できるようにさまざまなツールや技術のバランスをとることですが、多くの場合、内製のスクリプトをベースにして、手動による多くの保守作業を経て構築されたインフラストラクチャを使用します。検証の難度が高まるにつれ、より柔軟な自動化されたソリューションへのニーズも高まっています。

検証実行管理

Questaの検証実行マネージャ(Run Manager)は、大幅なオートメーション化を通じてプロジェクトに一貫性をもたらすソリューションです。これにより、カバレッジ達成までの時間と次のバグ発生までの間隔を短縮し、分散されたプロジェクトチームの能力を向上できるので、プロジェクト完了までの時間を正確に見積もることができます。

検証結果解析

Questaの検証結果解析機能を使用すると、リグレッション中に特定されたエラーに迅速に対処でき、検証プロジェクトをスケジュールどおりに進めることができます。このテクノロジは、複数の検証実行結果をとりまとめ、リグレッションテストセット全体にわたるメッセージをグループ化、ソート、トリアージ、フィルタリングします。結果解析は、実行マネージャによって自動的に開始および使用されます。さらに詳細な解析を行うため、特定のテスト結果をトリアージデータベースに保存するかどうかを指定できます。

Questa Verification Managementは、今日商用化されているものの中でもっとも効果的なモジュラ型ソリューションです。検証プロセスの3つの側面をすべて管理し、あらゆる検証環境を段階的に向上させるとともに、完全なフローを管理できます。

製品情報リクエスト