技術文献

その他の技術文献

SystemVerilogテストベンチによるハードウェア支援アクセラレーション

Posted in: エミュレーション・システム

本稿はメンター・グラフィックスのVeloce TBX(TestBench Xpress)ソリューションを使ってSystemVerilogとOVM/UVM(Open Verification Methodology/Universal Verification Methodology)テストベンチを記述し、ソフトウェア・シミュレーションおよびハードウェア支援アクセラレーションを実行するメソドロジについて紹介します。ご紹介するメソドロジは、いわゆるコ・エミュレーション(コ・モデリングともいう)を使うアプローチであり、純粋なシミュレーションベースの検証とハードウェア支援アクセラレーションとの間で、テストベンチの再利用性を最大限に高めます。

Download

Veloceのエミュレーション システムレベルのパワー解析と検証

Posted in: エミュレーション・システム

最新世代のVeloceエミュレータは、非常に効率的で精度の高いシステムレベルのパワー・アウェア検証とパワー解析のソリューションを提供するとともに、長時間テストなどエミュレーションに欠かせない機能を備えています。

本稿では、RTL(レジスタ転送レベル)技術とゲートレベル技術から移行し、パワー解析と検証の機能および対象範囲をシステムレベルに引き上げる必要性について説明します。また、システムレベルのパワー解析と検証にとってエミュレーション技術が理想的な理由、エミュレーション機能の利用方法、そして複雑なSoCの設計、検証、品質、消費電力にエミュレーションがもたらすメリットについて紹介します。

Download

特定プロトコル用ホストおよびペリフェラル・インタフェースのための仮想デバイス

Posted in: エミュレーション・システム

限られた機能から、複雑で多機能なネットワーク接続へと、デバイスの進化は止まるところを知りません。この動きを受けて、企業ではチップ、システム、組込みソフトウェア開発における検証をこれまでと違う総合的な視野から見直す必要に迫られています。シミュレーション実行時間の短縮や設計サイクルの早期におけるシステム全体の検証だけでなく、ブロック・レベルの検証からシステム・レベルの検証への移行についても、明確な必要性を裏付ける資料が多数、提出されています。

ハードウェア支援検証、つまりエミュレーションは、極めて高速なフルSoCテストを実行するキャパシティと性能を提供します。エミュレーションでは、テスト・ケース期間やテスト件数が増加しても実行時間を短縮できるため、より多くの設計要件をカバーし、より多くのバグを検出できます。しかし、エミュレーションはもはやキャパシティと性能という基本的なメリットをはるかに超えた領域に到達しています。かつては複数の物理的なハードウェア接続が必要だった各種の操作を、今ではエミュレータを使用して仮想的に実現できるようになりました。このため、電子設計分野の主導的な企業は、メガヘルツ・クラスの検証速度と、ブロック・レベルからシステム・レベルまでの完全な仮想化によって加速された検証フローという、両方のメリットを活用したいと考えています。

仮想化によって、社内の設計チーム全員がより簡単にエミュレーションを使用できるようになり、エミュレーション環境の柔軟性、可視性、キャパシティが向上します。仮想化ソリューションは、将来の機能検証を一変させるような幅広い機能をもたらしてくれます。例えば、トランザクションベースのコ・モデリング・チャネル・テクノロジによって実現される、仮想ホストおよびペリフェラル・モデル(「仮想デバイス」と呼ばれる)テクノロジやソフトウェア・デバッグ・テクノロジなどです。新しいテクノロジ、仮想デバイスではケーブルやハードウェア・ユニットを追加せずに従来のインサーキット・エミュレーション(In-Circuit Emulation: ICE)ソリューションと同じ機能を持つ製品が登場しはじめています。本稿は、仮想デバイスの系譜を簡単にたどって技術的な特徴とメリットを解説し、2 つの設計アプリケーションの機能性と効率性の高さについて例を交えて紹介します。

Download

「ソフトICE」-ソフトモデル・ソリューションとしてのiSolve USB ペリフェラル

Posted in: エミュレーション・システム

メンター・グラフィックスのiSolve USBペリフェラルは、ハードディスクドライブ、フラッシュドライブ、USBメモリなどのUSBペリフェラル・マスストレージ・デバイスと通信するUSB 2.0 ホスト・コントローラ・ポートを含むSoC(System-on-Chip)設計を、システムレベルで検証するための高速ソリューションを提供します。静的ICE(インサーキット・エミュレーション)ソリューションとして知られる現在のソリューションは、Veloceハードウェア・エミュレータに専用ハードウェア・ユニットを接続して使用し、Veloceから供給されるクロッキングにしたがって動作します。本稿では、静的ICEソリューションの代わりにソフトモデルを使用して同じ機能を提供する新たなアプローチについて取り上げます。ソフトモデルは、Veloce内の合成されたRTLコード、標準のVeloceホストワークステーションで稼働する実行可能なソフトウェアから構成されています。ここでは、このアプローチの相対的なメリット、ハードウェア/ソフトウェアの可視性の向上、全体的な使用の柔軟性について説明します。

Download

SCE-MI 2 に基づくアクセラレーション対応のOVMメソドロジ
Technology Reports

Posted in: エミュレーション・システム

Open Verification Methodology(OVM)は構造化手法を用いて、相互運用可能かつ再利用可能な検証コンポーネントを記述するためのオープンソースのメソドロジです。本稿では、トランザクションベースのアクセラレーションをサポートするための、OVMに対するメソドロジ上のアップデートを提案します。このメソドロジは、強く求められている高い効率の処理実行をSCE-MI 2.0ベースのコ・エミュレーション・モデリングの技術を用いて実現し、OVMテストベンチのトランザクションベース検証を可能にするものです。

Download

TBX - トランザクションベースのアクセラレータ
Technology Reports

Posted in: エミュレーション・システム

メンター・グラフィックスのトランザクションベース・アクセラレータであるVeloce® TestBench Xpress(TBX)を使用すると、ユーザは高位の抽象度における検証メソドロジを開発することが可能になります。テスト・アプリケーションを開発する言語としてC、C++、SystemC、そしてSystemVerilogが使用可能です。これらの言語は、業界で確立しつつあるOVMやTLM標準など共に使用され、非常に柔軟なトランザクションベースのテストベンチ・メソドロジとして広まっています。TBXはこれらの標準との互換性を持つことにより、ソフトウェアベースのシミュレータと共に使用されます。
標準ベースのTBX通信インタフェースおよびXRTLモデリング・サブセットは、SystemVerilog言語に対して互換性かつ再利用性があります。つまり本稿に示すガイドラインに従うことにより、まったく同じソースモデル(テストベンチ、DUT、トランザクタ)を、ネイティブなソフトウェア・シミュレータおよびVeloce TBXを用いたアクセラレーションの両方で使用することが可能になります。

Download