Kronos Characterizer Plus

スタンダードセルライブラリキャラクタライゼーション

Kronos Characterizerは、スタンダードセルや複雑なセル、I/Oパッド、カスタムマクロに対応した、高スループットの汎用セルライブラリキャラクタライゼーションツールです。

特長と利点

  • 非常に効率的なパラレルアルゴリズムで、ライブラリ全体のキャラクタライゼーションにかかる時間を数週間から数日間に短縮
  • 複雑な回路を数分でデバック、最適化
  • 独自のグラフィカルなシングルステップモードの統合波形解析
  • 既にあるものを活用。Kronosのパッケージにはシミュレータが含まれていないため、既存のシミュレーションライセンスを使用可能
  • Eldo Classicとの高性能統合
  • ターンアラウンドタイム(TAT)短縮とマルチシミュレーションジョブ制御で高スループットを実現
  • 新しいライブラリを構築、または、既存のライブラリを再キャラクタライズ
  • ステート依存のタイミングモデルと電力モデルを生成
  • NLDM(Non Linear Delay Model)、CCS(Composite Current Source Model)、ECSM(Effective Current Source Model)モデルを生成
  • 正確なタイミングモデル、電力モデル、ノイズモデル
  • Kronos Analyzerとのインタフェースで、ライブラリを検証、解析、レポート
  • コンフィギュレーションと出力モデルのフォーマットは、完全にユーザが制御

Kronos Characterizerソリューション

スタンダードセルライブラリキャラクタライゼーション

View DetailKronos Characterizer

Kronos Analyzerは、包括的なライブラリ解析、検証ソリューションです。

最先端の統合環境であるKronos Characterizerは、スタンダードセルやI/O、複雑なセルのパフォーマンスモデルを正確かつ迅速に生成します。設計合成やタイミング検証に使用できるように、タイミング、電力、ノイズをキャラクタライズします。

正しくキャラクタライズしたライブラリがなければ、設計プロジェクト全体がリスクにさらされ、設計に費やした高額なコストや時間が無駄になる可能性が出てきます。また、適切なコーナー条件で設計しなかったり、特定の動作電圧を使用しなかったりすると、消費電力が増加してタイミングクロージャに時間がかかり、チップ面積の増大や設計期間の長期化を招きます。

Kronos Characterizerは、既存のライブラリを自動インポートしてキャラクタライズし、プロセスモデルやセルレイアウト、SPICEモデル、電圧しきい値、特別な電圧要件の変更を考慮します。

Kronos CharacterizerをKronos Analyzerと統合すると、SPICEモデルの変更やレイアウトの変更、セル性能最適化の効果を比較できます。また、Kronos Characterizerは、キャラクタライズされたライブラリをそれ以前のライブラリバージョンやゴールデンモデルと比較して検証します。

高速かつ正確なモデル生成

Kronosの高度なアルゴリズムと効率的な分散処理によって、キャラクタライズに要する時間が数週間から数日に短縮します。単一の装置で通常30分かかる複雑なフリップフロップが、わずか1分で完了します。キャラクタライズしている間、継続的にSPICEシミュレーションを監視し、何度もデータチェックを実行します。問題が検出されるとリカバリメカニズムがモデル結果とシミュレーションをピンポイントで特定するため、ターンアラウンドタイム(TAT)が大幅に短縮します。

45nm以降のノード世代では、速度と消費電力が電圧やノイズなどの環境条件に敏感に反応します。このため、設計を成功させるには、適切な条件で正確なモデルを生成することが不可欠です。Kronos Characterizerは、正確で完全なタイミングモデルと電力モデルを素早く生成するとともに、耐ノイズ性やシグナルインテグリティのための独自の手法を採用することによって、故障解析の段階で初めて検出されるような問題を回避します。正しい入力パターンと現実的な波形を使用して、正確なタイミングモデルを生成します。

多機能モデリング環境

高度にカスタマイズ可能なモデリング環境を備えたKronos Characterizerを使用することによって、入力スティミュラスやパターンシーケンスを完全に制御できます。バスピンモデルおよびピンエイリアスが用意されており、必要なワーストケースの表現をすべて含んだ正確なI/Oパッドライブラリを生成できます。Kronos Characterizerは汎用モデリングシステムであるため、どのような回路でも高度なモデルを生成できます。Kronos Characterizerの最先端技術によって、ケイデンスのECSM(Effective Current Source Modeling)やシノプシスのCCS(Composite Current Source)モデルの構築においても、タイミングと電力の高い精度を維持できます。正確なタイミングモデルと電力モデルはとりわけ90nm以降の設計には不可欠な要素です。

Kronos Characterizerは、レベルシフタやその他の電力制御技術、パワーピンおよびパワーゲーティングのUDP(ユーザ定義プリミティブ)ステートメントを含むVerilogのライブラリ先端電力モデルに対応しています。ライブラリノイズモデル構築オプションで、耐ノイズ性と伝搬データを生成できます。

多機能なステート依存の仕様システムが、ステート依存の遅延モデルと電力モデルを生成します。統合された波形表示環境によってユーザは、回路動作の問題を素早く特定できます。この波形表示環境は、対応するすべてのシミュレータと連携させて使用できます。さらにこの環境は、オブジェクト指向のライブラリコンフィギュレーションをリアルタイムで表示します。

主な業界標準規格に対応

Kronos Characterizerは、既存のライブラリをインポートすることによって、素早く簡単にカスタマイズ可能です。セルのインポート時にはフォーマルマッピングメソッドを使用し、すべての技術セットアップに対応します。効率的かつ多機能なオブジェクト手法を使用してカスタムモデルを作成します。メンター・グラフィックスは、複雑なシーケンシャルセルやその他のコンポーネントのモデリング向けに、幅広いサンプルを提供しています。

メンター・グラフィックスのEldo Classicは、Kronos Characterizerと連携させるのに最適なSPICEシミュレータです。Eldo ClassicとKronos Characterizerの統合は、Eldo Classicの性能や精度、迅速な詳細化をフル活用できるように最適化されます。またKronosは、Synopsys HSPICEシミュレータとも統合できます。Kronos Characterizerのビルトイン検証ユーティリティによって、理想値と比較してデータの完全性をチェックし、ライブラリ表示を照合できます。また、Kronos Characterizerデータシートジェネレータで、ユーザがカスタマイズ可能なTcl(ツールコマンド言語)テンプレートからHTMLデータシートまたはPDFデータシートを生成できます。加えて、ユーザ固有のレポートやダイナミックWebクエリを作成し、VerilogやVital、VHDLのフロントエンドビューを生成できます。

関連製品

Kronos Analyzer

Kronos Analyzerは、包括的なライブラリ解析、検証ソリューションです。技術概要を表示

Eldo Classic

精度が重視される設計に適したEldo Classicは、アナログ/ミックスシグナル設計者の複雑なニーズに対応し、回路を正確にシミュレーションできるメンター・グラフィックスの「ゴールデン」SPICEシミュレータです。技術概要を表示