Calibreインタフェース

主要な設計ツールすべてに統合できるCalibre

Calibreは、設計フローで使用されているあらゆる設計ツールに統合できる唯一のサインオフ検証ツールです。Calibreは、カスタム設計、配置配線(P&R)などさまざまな専用設計ツールへの、堅牢で拡張性のあるインタフェースを提供します。これらのインタフェースは、設計フローを通して設計者にCalibreサインオフ・エンジンの機能を提供し、製造問題の早期発見と修正を可能にします。

 

インタフェースの種類

標準起動インタフェースと結果表示インタフェース

Calibreの標準インタフェースを使用すると、設計ツール内でレイアウトと回路図の検証を実行し、結果をハイライトして設計ツールへ戻すことが可能です。Calibre Interactiveと設計ツールのインタフェースにより、Calibreバッチが起動します。インタフェースが確立されると、適切なCalibreフロー(DRC、LVS、PERC、PEX、DFM)を設計ツールから実行できるようになります。Calibre RVEを使用して、結果をナビゲートし、ハイライトして設計ツールに戻します。設計ツールが回路図に対応している場合、Calibre RVEは、回路図でもハイライト表示が可能です。

ツール内インタフェース

Calibreサインオフ・エンジンを設計プロセスに導入すれば、Calibreと設計ツールを緊密に統合できます。これにより設計ツールは、「サインオフ・クリーンな」レイアウトを非常に短い時間で作成できるようになります。Calibre RealTimeがカスタム・レイアウトツールとの緊密な統合を提供し、Calibre InRouteがメンター・グラフィックスのOlympus-SoC配置配線ツールとの緊密な統合を提供します。

データベース・インタフェース

Calibreは、GDSII、OASIS、OpenAccess、LEF/DEF、シノプシスMilkywayデータベースから読み書き可能です。データベースから直接読み込むことによって、設計ツールでデータベースを開く時間が不要になり、直接ジョブを開始できます。バッチ処理が完了するとCalibreは、結果を元のデータベースへバック・アノテーションします。顧客は、この機能を使用したさまざまなアプリケーションを開発していますが、最も良く知られているのが、Calibre SmartFillなどCalibre YieldEnhancerの機能による修正内容を、設計データベースへバック・アノテーションするアプリケーションです。

実用的インタフェース

一部のパートナーのツールでは、レイアウト・ネットリストと回路図ネットリスト間のマッピング、または、物理レイアウトから寄生ネットリストを抽出するためのマッピングが必要です。一方、LVSサインオフのためのリファレンス・ツールとして幅広く選択されているCalibre LVSとPEXデックは通常、このマッピング情報を提供するようあらかじめ設定されています。Calibreインタフェースを使用すると、手持ちのサインオフLVSとPEXデックをパートナーのフローにつなぎ、回路図とレイアウトをシームレスに統合できます。

 

特長と利点

  • 設計フローのすべての段階でサインオフ検証を実行し、全体の設計時間を最短化
  • セル、ブロック、フルチップ設計を素早く直観的にデバッグすることによって、デバッグのサイクルタイムを削減
  • サードパーティの設計ツールで、CalibreサインオフLVSおよびPEXデックを再利用
  • GDSII、OASIS、LEF/DEF、Milkyway、OpenAccessを読み込んで、高い柔軟性を実現
  • 共通データベース・フォーマットに書き込むことによって、DFM修正で確実にタイミング・クロージャを達成
  • Calibreのツール内統合によってCorrect-by-construction(構築しながら修正する)設計が可能になり、非常に高い生産性が実現

お問い合わせ

Calibre「How-To」ビデオシリーズ

Calibre「How-To」ビデオシリーズは、共通の問題や疑問を素早く簡単に解決するノウハウを提供します。

すべての「How-To」ビデオを視聴