メンター・グラフィックスのDFM解析サービス

世界をリードするファウンドリの要件を満たすパワーと柔軟性

Calibre RealTime in Mentor Pyxis

メンター・グラフィックスのDFM解析サービスは、テープアウト前にリソグラフィのホットスポットを特定、修正する支援を行うサービスです。これは、先端ノードの年間テープアウト数が比較的少ないスタートアップ企業に理想的な選択肢です。高額な設計データセンターに投資することなく「低コストで」TSMCのサインオフ要件を満たす手法を提供します。

TSMCの40nm、28nmファウンドリ顧客を対象に、Calibreプラットフォームを使用したこのDFM解析サービスは、TSMCのLPC(リソグラフィ・プロセス・チェック)フローに基づいて顧客の設計データベースを解析し、ホットスポットの場所や、顧客がルータで修正するのに役立つヒントを盛り込んだ解析結果を提供するサービスです。

必要なツールの設定と、GDSII設計データベースを使用したLPCの実行は、すべてメンター・グラフィックスが担当します。一連の作業を実施するメンター・グラフィックスのデータセンター(米国オレゴン州、ウィルソンヴィル)では、高性能のセキュリティ・インフラストラクチャとプロトコルで顧客の知的財産権を保護しています。

詳細

お問い合わせはこちらから